【冬イベ】ボス前のル級6隻が極悪!E4丙「レイテ沖海戦」を攻略【艦これ】

艦これの冬イベント前段階の最終海域はE4「レイテ沖海戦」だ。
西村艦隊と栗田艦隊がサマール沖を突破してレイテ湾を目指す。
史実では果たせなかったレイテ湾突入は成るのであろうか?

E4にもボスマス出現のギミックがある。
ギミックの解除自体は簡単だが、その後のボス攻略がかなり大変だ。
段々と難易度を下げて、とうとう丙まできてしまったw
それでは丙で挑むE4「レイテ沖海戦」の攻略記事、始まります。

E4扉02


E4「レイテ沖海戦」の作戦内容


作戦名:サマール沖 その先へ――

全艦レイテ湾に突入し、敵を撃滅せよ。
栗田艦隊で敵の空襲をかいくぐり、レイテ湾で待ち構えるボスを倒せ!
艦これ初、友軍艦隊が支援にやってくるぞ。

E4作戦内容

選択難易度:丙
体感難易度:☆☆☆☆(丙とは思えない難しさ)
E4では「西村艦隊」と「栗田艦隊」の札が付く
基地航空隊は2部隊出撃可能
ボスマスで新艦娘Jervisと大東がドロップ


陣形
A対潜マス:第一警戒航行序列(単横陣)
空襲マス:第三警戒航行序列(輪形陣)
ボス戦その他:第四警戒航行序列(戦闘隊形)

基地航空隊と支援艦隊
基地航空隊はRマスに3部隊、ボスマスに1部隊派遣。
場合によってはRマスに集中してもいい。
支援艦隊は道中、決戦の両方を使用した。
道中は駆逐艦2、重巡系4のエコ編成、決戦は駆逐2、戦艦4の本気編成だ。

注意点
・連合艦隊編成なので資材の消費が極めて大きい
・丙でもボス前で大破しやすい
・史実の栗田艦隊を使ったルート固定あり(丙だと6隻以上との情報あり)

E4海域情報と道中ギミック


E4「レイテ沖海戦」には西村艦隊ルートにギミックが用意されている。
ルート最奥のNマスに到達するとギミックが解除され、ボスマスが出現する。
到達するだけなので簡単だが、道中にはPT小鬼群や夜戦マスがあるので要注意だ。

■下の西村艦隊ルートを通ってNマスを目指す
E4西村艦隊ギミック03

西村艦隊の編成とギミック解除


E4で使う西村艦隊の編成は、E2の時とそれほど変わらない。
PT小鬼群対策として駆逐艦に機銃を積み込もう。
道中には夜戦マスもあるため、夜戦対策も万全に。

■西村艦隊の編成ではPT小鬼群対策が重要
攻略編成E4西村艦隊

山城と扶桑は火力重視の砲撃戦仕様。
駆逐艦にはPT小鬼群対策として機銃を載せる(艦これではおなじみだな)。
また、1隻は夜戦用に照明弾を用意。

■HマスのPT小鬼群は支援艦隊の砲撃で数を減らそう
E4西村艦隊ルートHマスPT小鬼

西村艦隊ルートを進むと、前半では昼戦、後半は夜戦を行うようになる。
Cマスの空襲とFマスの水雷戦隊(潜水艦あり)はそれほど脅威ではないが、HマスにはPT小鬼群が登場する。
道中の支援艦隊が仕事をすれば、支援砲撃で何隻か仕留めてくれる。

■夜戦のPT小鬼群はカットイン攻撃が怖い
E4西村艦隊ルートMマス夜戦PT小鬼

西村艦隊ルートの本番は夜戦パートに入ってからだ。
MマスにはPT小鬼群が待ち構える。
警戒陣を使うと、夜戦でかなり避けまくるのでとても助かる。

■Nマスに到達するとボスマスが登場する
E4西村艦隊ルートボスマス出現
E4西村艦隊ルートNマス夜戦01

西村艦隊のギミックはNマスに到達することで達成される。
ボスマスが登場したら、後は戦闘に勝つだけだ。
Nマスはル級戦艦が4隻出るが、夜戦だとそれほど脅威にはならない。

栗田艦隊の編成とボス攻略


ボスマスが登場したらいよいよ栗田艦隊の出撃だ。
ボスまでの道のりは長いが、栗田艦隊に史実艦を入れると固定ルートを通れるようになる。

■栗田艦隊ルートではボス前Rマスが難関だ
E4栗田艦隊ボスルート決定

栗田艦隊は連合艦隊で出撃する。
丙の場合は史実艦6隻以上が固定ルートを進む条件となる。
水上部隊編成でボスの撃破を目指そう。

■栗田艦隊第一艦隊の編成
攻略編成E4栗田艦隊第一部隊

栗田艦隊の第一艦隊は戦艦4隻、航空巡洋艦、空母の編成にした。
戦艦は史実艦の武蔵、長門、金剛、榛名の4隻。
航空巡洋艦に利根(史)、そして艦隊直掩用に空母加賀だ。

栗田艦隊の史実艦はRマスとボスマスに特攻効果が付いている。
航巡利根は水戦ガン積み、加賀は艦戦3部隊+瑞雲とした。
この編成で道中とボスで航空優勢以上が取れる。

■栗田艦隊第二艦隊の編成
攻略編成E4栗田艦隊第二部隊

第二艦隊はボス戦での夜戦火力を重視した。
史実艦は摩耶、鳥海、能代、島風、雪風で、大井は夜戦火力用だ。
道中は空母戦が多いので摩耶を対空要員にしている。

夜戦用の鳥海、大井、島風は連撃仕様、雪風は魚雷カットイン狙いだ。
能代は初手Aマスの先制対潜要員として対潜装備を積み込んでいる。
最初に出撃したとき、いきなりAマスの潜水艦で大破したので念のため。

この検証では史実艦が10隻いるので、固定の最短ルートを通過した。

■Aマスの潜水艦は先制対潜で被害を減らす
E4栗田艦隊Aマス対潜

最初のAマスは対潜マスだ。
潜水艦が3-4隻出てくるので、先制対潜艦がいると事故が減る。
別に先制対潜がいなくてもいいが、その時は突破にお祈りを捧げよう。

■空襲マスは航空優勢以上が取れるので被害が少ない
E4栗田艦隊空襲マス01
E4栗田艦隊空襲マス02

利根と加賀の水戦+艦戦効果で道中EとIの空襲マス、OとQの空母マスは航空優勢以上が取れる。
摩耶の対空カットインも発動したので、敵の爆撃による被害は軽微。
10回以上ボスに挑んだが、空襲や爆撃では一度も大破艦は出なかった。

■Rマスのル級6隻はボスマスよりもキツい
E4栗田艦隊Rマス01

ボス前Rマスにはル級戦艦6隻を含む連合艦隊編成が待ち構える。
丙でもル級エリート4隻、ノーマル2隻で侮れない。
油断するとワンパンで大破艦が出てしまう
ボス前がキツイのは艦これの伝統だが、実に嫌らしい。

■基地航空隊と支援艦隊を全力投入!
E4栗田艦隊Rマス02
E4栗田艦隊Rマス03

基地航空隊はRマスに3部隊は投入したい。
可能な限り敵戦艦を砲撃前に減らすのだ。
道中の支援艦隊も出撃させよう。

Rマスは丙とは思えないほど厳しい。
下手に敵戦艦に砲撃を許すと、中大破艦が続出する。
特に利根と加賀はワンパンで大破したので要注意だ。

■ボスは新型の護衛棲水姫
E4栗田艦隊ボスマス戦ラスダン01

ボスマスに到達すると新型の護衛棲水姫が登場する。
丙でも耐久650を持った化け物だ。
ボス戦も連合艦隊編成で、ル級戦艦2隻も混じっている。
画像は最終形態、ル級がフラッグシップだw

■決戦支援艦隊と基地航空隊(1部隊)を投入
E4栗田艦隊ボスマス戦ラスダン02

ボス戦で1部隊でも基地航空隊を派遣すると、雑魚掃除がはかどる。
決戦支援部隊もしっかり送り込んで、砲撃戦前に1隻でも敵を削ること。
順調に推移すれば夜戦突入時にはボスだけになっている。

■夜戦突入で友軍支援艦隊がやってくる
E4栗田艦隊ボスマス戦ラスダン04

夜戦に突入すると友軍の支援艦隊が駆けつけてくれる。
私の攻略時には英仏艦隊が一番多かったが、頼りになったのは西村艦隊だったw
この友軍艦隊がかなりボスの体力を削ってくれるので夜戦が楽になる。

■ラスダンは鳥海の連撃で無事突破!
E4栗田艦隊ボスマス戦ラスダン05

友軍艦隊がボスのHPを削った後に自軍の夜戦が開始される。
しっかりと夜戦火力をつぎ込めば、ボスの撃破は難しくない。
今回の攻略検証では大井まで順番が回って来ることはなかったw

■E4のクリア報酬ガンビアベイ
E4報酬ガンビアベイ

E4のクリア報酬は軽空母のガンビアベイだ。
色を変えるとまんま敵ボスだったりする。
ボスマスでは新艦娘のJervisと大東もドロップする。

まとめと考察


E4「レイテ沖海戦」はそれまでの海域と比較すると難易度が格段に上がっている。
ボスが硬いだけでなく、ボス前Rマスのル級6隻が鬼門だった。
とにかくRマスで大破撤退する可能性が高く、艦これでも厳しいマップになっている。

ボス前のRマスを大破艦なしで突破することが最重要課題だ。
基地航空隊(4回分)のうち3回をRマスに集中して対処している。
さらに道中の支援艦隊も投入して、Rマスで1隻でも多く削ることを重視した。

これらの対策の効果で、Rマスの大破撤退は2回で済んだ。
ボスマスは決戦支援艦隊と友軍艦隊がいるのでRマスよりも楽だった。

問題はこのE4で新艦娘Jervisと大東を掘らないといけないことだ。
連合艦隊+道中&決戦支援、そして修理で膨大な量の資材を食う。
1回の出撃で燃料弾薬が2000近く消えると思った方がいい。

E4で堀を行うなら、冬イベントをクリアした後でゆっくりと挑んだ方がいいだろう。
部隊編成を再考して、もっと燃費のいい艦隊にしないとマズイ。
マジで冬イベントの途中で燃料弾薬が枯渇しかねないw

考察をまとめると
1:ボス前Rマスのル級6隻がキツイ
2:ボス戦では決戦支援艦隊と友軍艦隊が頼りになる
3:資材消費が多いので新艦堀には気を付ける


こんなところか。
とにかくボス戦よりもRマス突破の方がきつく感じるので、しっかりと対策を行う必要がある。
とても丙とは思えない難易度だが、ここを終えれば冬イベントの前段階終了だ。

21日以降の後段階のためにも、資材の備蓄を増やしておこう。
マップが進むに従い厳しくなるのは艦これの伝統だが、丙でこれだと大変だぁ。


Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply