【FLO】戦闘・採取職がモリモリ育つ!定番のおすすめレベリング【ファンタジーライフオンライン】

ファンタジーライフオンライン(FLO)はライフ(職業)が12種類もある。
全部のライフを限界(LV60)まで上げるのは実際かなり大変だ。
効率よくレベリングを行わないと、なかなか思うように育ってくれない。

FLOの先人達はどのような手段で一気にレベルを上げていったのであろうか。
私みたいにあれこれライフを手を出していると、なかなか育ってくれないから不思議に思う。

そこで今回は「レベリング」について考えてみたい。
少しでも効率よくレベルを上げるには、どんな手段があるのかをまとめてみることにした。
題して「戦闘・採取職がモリモリ育つ!定番のおすすめレベリング」、始まります。

レベリング扉


ライフ(職業)ごとに得意分野が異なる


当たり前のことだが、ライフ(職業)ごとに経験値が上がりやすい得意分野は異なっている。
戦闘職ならモンスターとの戦闘、採取職なら採掘や伐採、生産職ならアイテムや装備の作成が一番経験値効率がいい。

ファンタジーライフオンラインは素材集めや討伐クエストなど戦闘を行うシーンが多いため、戦闘職のレベリングは割と簡単だ。
LV40くらいまでなら、フィールドで適当に戦っているだけでも上がっていく。

■戦闘職なら戦っていれば自然とレベルは上がる
戦闘職は勝手に育つ

採取職もフィールド探索で素材回収を行う傍ら戦闘も行うため、知らないうちにレベルは上がっていく。
ただ採取の場合、一番経験値効率がいいのは自分のライフの素材を集めることだが。
例えば、釣り人なら戦うよりも魚を釣った方のが経験値の入りがいいのは当然だろう。

■採取職の場合、ライフに応じた素材の採取が一番効率的
採取はライフに依存

生産職はひたすら経験値が旨いアイテムを作り続けることが最適解になる。
このように、育てたいライフによって育成方法が異なるため、全部のライフを満遍なく上げようと思ったら、かなり時間がかかることになる。

レベリングの基本はフィールド探索


ガチャで出た新規の戦闘・採取キャラを育てたいなら、最初はフィールド探索に連れていくのがおすすめだ。
コスト30を払うだけで、フィールド中を引っ張りまわすことができる。

スタート時点でキャラがLV1だったとしても、全てのフィールドで戦闘や採取を行えば、ビレッジに帰還する頃にはLV20以上まで育っている。
実際私も試してみたが、1時間で木こりがLV1からLV25まで育っていた。

■フィールド探索は低レベルキャラの育成に便利
採取低ランクレベリング3

フィールド探索では自キャラを含めて4人まで連れていけるので、全員をいっぺんにレベリングできる利点がある。
得意分野の異なるライフも混じるのでキャラによって経験値は減るが、それでも効率は悪くない。

■引率に1人高レベルを入れれば残りはLV1でも大丈夫
引率付き低ランク

低レベルキャラをまとめてレベリングしたいなら、1人だけ高レベルの戦闘職を混ぜておくといいだろう。
戦闘のおこぼれ経験値でLVを上げつつ、採取も行うことで低レベルキャラがモリモリ育っていく。

フィールド探索を使ったレベリングは全てのフィールドで戦闘・採掘・伐採・釣りを行うので、とにかく時間がかかるのが一番の問題かもしれない。
これは基本的なことかもしれないが、低レベルキャラをまとめてレベリングをしたいなら、とりあえず「フィールドに出る」が一番だと思う。

フィールド探索のポイント
・コスト30で複数のフィールドを回れる
・4人まとめてレベリング可能
・戦闘だけでなく素材の採取も行える


効率重視ならマルチクエストを連戦だ!


戦闘職でレベリングをするならマルチの「討伐クエスト」がおすすめだ。
最大の理由は他のプレイヤーの立てた部屋ならコストの消費なしに戦えるから。
マルチには様々なレベルの討伐クエストがあるため、自分のレベルに合ったものに挑むといいだろう。

■マルチクエストは色々な部屋が立っている
他人の立てたマルチ部屋

入門用の低レベルクエストなら短時間で討伐できる。
報酬も役立つ素材が結構手に入るのでいいことづくめだ。
コストなしで連戦も可能なのでやらない手はない。

入手経験値はクエストのレベルによって変わるので、色々なマルチクエストを試して自分に合ったものを探してほしい。
私の場合はレベリングよりも素材回収が主な目的なので低レベルを中心によく回っている。

だが、マルチクエストにも落とし穴が存在する。
実はマルチクエストの安定性がかなり悪い。
急に重くなったり、途中でエラーが起こり操作不能になることもある。
この不安定さだけはどうしようもないので運営に改善してもらいたいところだ。

■期間限定のマルチイベント
期間限定マルチイベント

今ならマルチイベントで「深淵に潜む魔豹」と「地底の咲く水花」が開催されているため、マルチの部屋も見つけやすい。
入門用から上級者用まであるので、やれそうなクエストを選ぶといいだろう。

■イベント期間中はマルチ部屋が見つけやすい
期間限定他人の部屋

マルチクエストはソロでも挑戦することができる。
自分で部屋を立てて、すぐに開始してしまえばいいのだ。
コストが余っている時など、短時間で周回するのにソロ部屋は便利。

■「深淵に潜む魔豹」の入門ならソロも簡単
マルチバトルソロ

低レベルの討伐クエストならソロでも十分に戦える。
自分しか部屋にいないので、快適に動作することも見過ごせない。
不安定なマルチが嫌ならソロ討伐を試してみるといいだろう。

■マルチをソロで挑むと操作が快適
ソロならマルチもサクサク

マルチクエストはボスを倒すだけでなく、採掘や伐採などの採取を行える場所もある。
戦闘用と採取用のキャラを用意して挑むと経験値の取りこぼしがなくなるので、挑むマルチクエストの内容はしっかり確認しておこう。

マルチクエストのポイント
・他人の立てた部屋ならコストいらずで連戦可能
・素材や報酬がかなり美味しい
・中盤以降のレベリングの要


料理を食べるだけでレベリング


レベリングの最終手段が料理だ。
戦闘中に食べるとHP/SP回復アイテムになる料理だが、キャラの育成で消費すると経験値アイテムになる。
ぶっちゃけ、料理を食べるだけで経験値が入るわけだ。

■料理を食べるだけで一気にレベリング
料理を食べてレベルアップ

以前の記事「食べるだけでレベルアップ!料理人はかば焼きウナギに夢中」でも紹介したが、料理を大量に摂取することで一気にレベルを上げることが可能になる。
必要な素材や作成難易度から集中して作る料理は絞られてくるわけだが。

レベリングに適した料理
小麦ジュース  260EXP
にじのムニエル 350EXP
ブラックスープ 350EXP
かば焼きウナギ 260EXP


小麦ジュースは素材を全部ビレッジ内で揃えられるのが強み。
バーテル平原・東のマーケットも活用すれば結構な数を作成できる。
にじのムニエルは材料のレインボーマスを集めるのが少し面倒だ。
数が揃った時だけ作るようにすればいいだろう。

■小麦ジュースは素材が集めやすい
麦ジュースレシピ02

ブラックスープの材料となるブラックギルは滝の洞窟で釣ることができる。
ほとんど全域で釣れるので数を集めやすい。
むしろだいこんの方が数を揃えるのが大変かもしれないほどだ。

かば焼きウナギに使う草原ウナギはバーテル平原・西でガンガン釣れる。
かば焼きは必要な材料が少ないので、大量生産に向いている料理だ。
素材の入手難易度を考えると、ブラックスープよりもかば焼きウナギを主力にした方が効率がいいかもしれない。

■かば焼きウナギは素材が少なく量産に適している
かば焼きのレシピ02

経験値効率のいい料理をとにかく作り貯めて、育成したいライフやキャラに投入すれば、一気にレベルを上げることが可能になる。
経験値料理は貯めるのに手間がかかるものの、数さえ揃えば一番簡単にレベリングができる素敵なアイテムだ。

経験値料理のポイント
・料理人のレベルが低いうちは麦ジュースをメインに
・かば焼きウナギは量産に向いている
・中盤以降はマルチと料理がレベリングの要になる


まとめと考察


今回はファンタジーライフオンラインのレベリングについて考えてみた。
フィールド探索やマルチクエストの活用はごく一般的なものだが、今までちゃんと取り上げてこなかったのでレベリング方法として紹介した。

フィールド探索は4人まとめてレベリングできるので効率的だが、1回につき30のコストが必要になる。
ただ、高レベルキャラを1人混ぜておけば、他はLV1でもレベリングに支障がない強みがある。

マルチクエストは他人が立てた部屋ならコストなしで利用できるので経済的だ。
うまく連戦できれば、かなり効率よくレベリングが可能になる。
ただ、マルチに投入できるのは自キャラを含めて2人だけなので注意したい。

一番の変わり種はやはり料理だろう。
食べるだけでレベリングできるのだからマジで反則だ。
とにかく、素材が手に入ったら料理人で経験値の旨い料理を作り貯めるようにしておきたい。

生産職に関しては、地道にアイテムの作成をしていくことが一番だろう。
アイテム制作の合間に料理も活用すると、レベリングの効率がぐっと良くなるはずだ。
料理はほんと万能すぎるな。

ファンタジーライフオンラインはLV40あたりからキャラのレベリングがきつくなってくる。
効率的にレベリングをしたいなら、最終的にはマルチクエストと料理の併用に落ち着くのではなかろうか。

これらは実際に自分のレベリングで試した手法だ。
この記事がファンタジーライフオンラインのレベリングの参考になれば幸いです。

■攻略日記7回目の各ライフ育成状況
7回目のステータス


Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply