ステラリス序盤攻略の秘訣は資源探査!MODで楽しさも倍増

「Steam」は面白いゲームの宝庫。
日本ではあまり目にしないタイプのゲームがゴロゴロ存在している。

そこで見つけたのが戦略級のゲーム、ステラリス(Stellaris)だ。
ステラリスは未知の宇宙を探索し、自軍の勢力圏をどんどん広げていくタイプのゲームになる。

プレイヤーは調査船を送り出し、新たな恒星系や居住可能惑星を見つけて移民船団を送り、人類の勢力圏を広げていく。

ある程度勢力が大きくなると未知の異性文明と接触が始まる。
平和的共存か生存競争を賭けた宇宙戦争の選択を強いられることになるのだ。
当然、最終目的は銀河統一。

こうしたスケールの大きいゲームは日本では少なかった。
スターウォーズをイメージすると分かりやすいかも。

日本のストラテジーって信長の野望や大戦略タイプしかなかったからかなり新鮮。
題して「ステラリス序盤攻略の秘訣は周辺探査!MODで楽しさも倍増」、始まります。

ステラリス扉


ステラリス序盤は地道な資源探索


人類を選ぶとステラリスのスタートは太陽系から始まる。
最初にやることは調査船を使った近傍星域の資源探査だ。
とにかく資源がなければ何もできない。

■攻略の一歩、調査船をお隣の星系に送り込む
ステラリス01

同時に地球の開発も進める必要がある。
市民を発電所や食料プラントに配置して、エネルギーや資源の備蓄を増やしていく。
この備蓄を増やすことで戦闘艦や移民船が作れるようになるわけだ。

■太陽系内の未採掘資源を開拓
ステラリス03
ステラリス02

まずは工作船を使って太陽系内の未採掘資源に採掘プラントを設置していこう。
このプラント建設でも資源を食うため、序盤は資源の在庫とプラント建設のにらめっこになってしまう。

■人類は太陽系を飛び出し未知の宇宙へ
ステラリス04

銀河は広く果てしない。
人類の生存圏を広げるために近傍星系に調査船を進め、人類の居住可能惑星を見つけ出さないといけない。
これ、運が悪いと本当に居住可能惑星が見つからない。

MODを組み込んで面白さ倍増


さて、このステラリスだが当然日本語対応はしていない。
でも大丈夫、ユーザー有志が日本語化MODを用意してあるので、かなりの部分を日本語化して遊ぶことができる。

■基本は英語表示なのだがMODで日本語化が可能
ステラリスMOD01
ステラリスMOD03

MODの有効性はそれだけじゃない。
ゲームに登場する宇宙船やキャラクター、編成可能な部隊など、かなり色々な部分をいじくることが可能になっている。
見た事のある宇宙船が艦隊戦を繰り広げるとか胸熱だ。

■MODを入れると銀英伝やガンダムの戦艦も登場可能に
ステラリスMOD04

ステラリスにはさまざまなMODが存在するが、その中でも宇宙船の外観や能力を変えるMODがおすすめだ。
正直、海外のデザインはイマイチ日本人受けしないと思う。
そんな時こそ、銀英伝やガンダムに登場する宇宙船の出番だ。

■夢の大規模艦隊戦、マジでアニメよりリアル
ステラリスMOD05

ステラリスの戦闘は数隻の小規模戦から数百隻が殴り合う大規模艦隊戦までさまざまだ。
戦艦、巡行艦、駆逐艦が入り乱れる大規模戦はマジで見ていて気持ちがいい。
アニメの世界がリアルに再現できるぞ。

異性文明と遭遇してからがステラリスの本番


調査船による星系探査が完了したら、工作船を送り込んで前進基地や採掘プラントを作って人類の領土を広げていく。
居住可能惑星を2-3個も見つけたあたりで宇宙海賊などが出るようになり、銀河が騒がしくなってくる。

■宇宙海賊は放置するとプラントなどを破壊するため、すぐに対処
ステラリス海賊01
ステラリス海賊02

ステラリスは他の異性文明と遭遇してからが攻略の本番になる。
異性文明には融和的な種族もいれば、すべてに喧嘩を吹っ掛けるような好戦的な種族もいる。
序盤はできるだけ友好的な種族がお隣だと嬉しいのだが、こればかりは完全に運だ。

■未知との遭遇、平和的に接触しても拒否されることも
ステラリス異性と接触01

友好的にしろ好戦的にしろ、異性文明と交流を持った時点で国境線が引かれることになる。
当然、相手勢力内の星系や資源は手出しできなくなるわけだ。
外交努力を積み上げて友好国にしていくか、戦争を吹っ掛けて併合するか、プレイヤーの考え次第と言ったところか。

■ファーストコンタクトの異性文明はまだ遠かった
ステラリス異性と接触02

異性文明と接触するあたりで、戦力の増強を始めないといけない。
宇宙は弱肉強食、あまり戦力が貧弱だと遭遇直後に宣戦布告を吹っ掛けられて攻め込まれてしまうのだ。

同時に防衛のために宇宙ステーションも必要になる。
宇宙ステーションの拡張レベルを上げると建造できる宇宙船の種類が増えていくので、内政を急ピッチで進めないといけなくなる。
ぼーっとしていると他文明と戦力差がどんどん開いてやっぱり攻め込まれるパターンが待っている。

■富国強兵、とにかく防衛戦力を整える
ステラリス異性と接触04

このあたりから調査船によるイベントが増えてくる。
未知のエネルギー発見だの、遺跡を見つけただの、何かしらの報告が舞い込むようになるのだ。
イベントによっては資源が手に入ったりするので、クリアできそうなイベントはどんどんこなすのが一番だ。

■宇宙船を好みにカスタマイズすることも可能だ
ステラリス異性と接触05

防衛戦力の拡充と同時に、未探査宙域の調査、移民した惑星の開発も進めていく。
そうやってしばらくすると、銀河に散らばる異性文明があらかた出そろい、本格的な銀河大戦が始まるのだ。

■ステラリスの本当のスタートは銀河の勢力が判明してからだ
ステラリス異性と接触06

こうなるとどの方面に進むにしても戦って領土を切り取るしかなくなってくる。
ここで生きてくるのが友好関係にある異性文明だ。
うまく軍事同盟まで進む事ができれば、一緒に敵を攻撃してくれるようになる。
あくまで単独で戦ってもいいが、戦う敵は少なく、味方は多い方がいい。

敵対的な異性文明は見境なく戦いを吹っ掛けてくることもあるので要注意。
この時他の異性文明まで便乗してくると戦況が一気に不利になってしまう。
宇宙艦隊が艦隊戦で消滅すると再建にすっごく時間がかかるのだ。

ただ戦争を始めるにも手順がある。
敵対勢力を宿敵と定め、友好度も下げてからでないと宣戦布告ができない。
まぁ、相手と険悪な状態だと、どんどん挑発されて宣戦布告されてしまうが。
この記事作成時では戦争突入までいけなかったわけだがw

ちなみに、戦いが始まったら、敵艦隊の撃滅と敵の居住惑星占領が目的になる。
敵の首都星攻略までいけるのが一番だが、国境付近の星系を制圧して勝利点を稼ぎ、少しずつ敵星系を奪っていくのも楽しい。

艦隊戦で敵艦隊を潰し、敵星系や母星の宇宙ステーションを破壊したら上陸部隊の出番だ。
艦隊戦には勝ったけど、降下作戦に失敗したなんてことも起こるので、戦争を起こす時はちゃんと陸上戦力も準備しないといけない(よく忘れるんだ)。

ステラリスの基本は「自分より弱い敵を狙って戦いを吹っ掛ける」ことにある。
自分の勢力よりも経済力や戦闘力が上の敵にはなかなか勝てないので、弱い奴を叩いて力を蓄えることが重要。
宇宙は弱肉強食なのだ。

まとめと考察


Steamで手に入るステラリスは非常に奥が深い戦略級のストラテジーゲームだ。
誰もが一度はやってみたくなる「銀河統一」、ロマンだねぇ。
MODを組み込めば遊びの幅がどんどん広がるから面白い。

ここまでプレイの流れを紹介したが、これでもまだ序盤の域を出ていない。
結構頑張ったけど、戦争準備までしか進めなかった(丸一日以上プレイしたのだが)。
真面目に銀河統一(60%以上)を目指すと軽く一週間はかかる。

とにかくこのゲームは一度始めると時間があっという間に過ぎていく。
午前中に始めたはずなのに気づいたら日が暮れていたなんていうことが当たり前のように起こるのだ(今まさに)。

MODだけじゃなくゲームの拡張パックも複数あるため、未だにゲームの改良や進化が止まらない。
ステラリスは日本語版ではないため国内ではなじみが薄いが、世界規模ではかなり売れている大ヒットゲームだ。

Steamではよくセールもあるため、ステラリスも40%引きとかで売られる事がある。
特に季節ごと(クリスマスや夏休みなど)のセールは狙い目じゃないだろうか。
もしこの記事で少しでもステラリスに興味を持ってくれたなら幸いです。
Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply