E3丙のジョンストン周回堀は弱いレ級ルートが回りやすい!【艦これ冬イベント】

艦これの冬イベント「邀撃!ブイン防衛作戦」の攻略が無事完了した。
攻略は「丙」で挑んだが、効率的な周回編成を作るまで結構苦労したものだ。
あわよくば「E3攻略中にJohnston(ジョンストン)が落ちないかな~」なんて甘いことを考えていたけど、そんな奇跡は起きなかった。

よろしい、ならばJohnston堀の開始だ。
E3攻略で安定して周回できそうな編成も作れたので、後は己のリアルラックを信じて掘るしかない。

ただE3のJohnston堀は連合艦隊で周回するため燃料・弾薬の消費がかなりヤバい。
資材が枯渇する前になんとか掘り当てたい、というのが正直な思いだ。
題して「E3丙のジョンストン周回堀は弱いレ級ルートが回りやすい!」、始まります。

ジョンストン堀扉


E3丙Johnston(ジョンストン)堀の基礎情報


E3「中部ソロモン海域 ブーゲンビル島沖 」は輸送作戦を完了すると戦力ゲージのボスが登場するダブルゲージ海域になっている。
目当てのJohnstonは戦力ゲージのボスマス(Zマス)でドロップする。
S勝利だけでなくA勝利でも落ちるとのことだが、当然S勝利の方がドロップ率が高い。

■E3丙Johnston堀の進撃ルート
ジョンストン堀ルート

E3丙のJohnston堀では進撃ルートが2つ存在する。
一つはルートギミックを解除してZZマスを進む潜水新棲姫ルート。
もう一つがレ級マス(Vマス)を突破してボスに至るレ級ルートだ。

■Vマスのレ級はノーマルなので実は弱い
レ級は弱い

私が使用したのは艦これで恐れられるレ級を倒して進む「レ級ルート」。
実は丙だとVマスのレ級がノーマル(しかも1隻のみ)のためかなり倒しやすいのだ。
ZZマスを進む潜水新棲姫ルートの場合、運が悪いとめっちゃ硬いフラッグシップタイプが出るため少しリスキーと判断した(こいつが出ると大破艦が出やすい)。

■E3丙のJohnston堀の編成例(第一艦隊)
第一艦隊

E3丙の戦力ゲージは連合艦隊編成だ。
検証では水上打撃部隊で挑んでいる。
第一艦隊は戦艦1、航空戦艦1、航巡2、正規空母1、水上機母艦1で編成。

旗艦長門は「ながもんタッチ」を使うために採用。
航空戦艦は伊勢改二を使い、砲撃と制空値を両立させている。
航巡と水母は制空値稼ぎに水戦を載せ、空母は艦戦・艦爆・艦攻のセットを搭載。

ボスマスの制空値がかなり高く、航空優勢を取るためにはこれくらい必要になってしまった。
なお水母を1隻いれておくとDマスの空襲をパスできる。

■E3丙のJohnston堀の編成例(第二艦隊)
第二艦隊

第二艦隊は軽巡1、雷巡2、駆逐艦3で編成。
軽巡(阿武隈改二)と雷巡は甲標的+ソナー、爆雷で先制雷撃と先制対潜併用。
駆逐艦はボス特効を持つ萩風、嵐、磯風を投入している。

基本第二艦隊はCマスの新潜水棲姫とボス戦用に調整。
特にボス戦に関しては夜戦で特効艦がトドメを刺す布陣になっている。
ちなみに、軽巡、雷巡の先制雷撃は地味に雑魚掃除に役立つ。

■基地航空隊のうち1隊は対潜特化に
基地航空隊

基地航空隊の役割は今回極めて重要だ。
1隊は東海を含む対潜特化にしてCマスにぶち当てた。
残り2隊は熟練ゼロ戦に航続距離を延長できるカタリナや二式陸上偵察機を付けて、これに雷撃機×2を二組作ってボスへ投入。

雷撃機はポロポロ落ちるが、ボスまで基地航空隊が届くことで制空値を稼ぎ、艦隊突入時に航空優勢を取ることが可能になる。
ボス戦に投入する基地航空隊を減らしたら制空拮抗になったので、基地航空隊がかなり頑張っているようだ。

実際にE3でJohnston(ジョンストン)の周回堀をしてみる


E3丙のJohnston(ジョンストン)堀は注意すべきポイントがいくつか存在する。
進撃ルートはACGJTVZ(ボス)でCマスで対潜、JとVマスで水上戦が発生する。
Tマスの航空戦は航空戦力が多いのでほとんど被害は受けないだろう。

■Cマスの新潜水棲姫は東海の空襲と先制対潜で砲撃戦前に押しつぶす
ジョンCマス対潜01

ます最初の関門がCマスの新潜水棲姫だ。
こいつ、潜水艦の癖にHPが多く、先制対潜で潰さないと最初の雷撃で大破艦が出やすい。
大破まで追い込んでしまえば被害もカスダメージで済むが、中破だと一撃大破のきつーい一発を食らいやすいので要注意。

■新潜水棲姫フラッグシップはかなり危険
ジョンCマス対潜02

さらに危険なのがたまに出るフラッグシップ込みの4隻編成。
新潜水棲姫のHPが277に跳ね上がっており、しかも随伴が3隻もいるため、空襲&先制対潜をかいくぐりこちらに大ダメージを与えてくる。
4隻編成の時は高確率で大破撤退する羽目になってしまった。

■Jマスは軽空母が危険かも
ジョンJマス戦闘01

次のJマスは基本雑魚なのだが、旗艦がヌ級軽空母の時は注意が必要だ。
艦載機の攻撃が意外と痛く、重巡や水母にクリティカルが出ると大破することがあった。
この軽空母はなかなかに油断ならない。

Tマスの空襲に関しては水戦や艦戦をいっぱい積んでいるため脅威にならない。
せいぜいカスダメで通過できるのであまり気にしなくてもいいだろう。

■Vマスのレ級はノーマルなので弱い
ジョンVマス戦闘01

Tマス後の進撃ルートが悩ましいところだが、丙だとVマスのレ級がノーマルで弱いので狙い目だ。
強い敵はレ級とネ級くらいなので、先制雷撃と開幕爆撃で雑魚が3隻は沈んでくれる。

ここで投入したいのが複縦陣(第二陣形)で発動する「ながもんタッチ」だ。
うまく最初に発動するとレ級が攻撃する前に沈めきることが可能になる。
発動が不発に終わるとカスダメばかりでイライラするのはご愛敬ということで。

■ボスまで到達できればA勝利以上は確実
ジョンボスマス戦闘01

すべての難所をくぐり抜け、ボスまで到達できたらこっちのものだ。
ボス戦では基地航空隊×4、開幕爆撃、決戦支援、先制雷撃を叩き込むので、うまくいくと半数近い随伴艦を沈めることができる。
逆にこの開幕攻撃が不調だと随伴艦が残り過ぎてS勝利が厳しくなる。

■持てる戦力を総動員して夜戦までにできるだけ削る
ジョンボスマス戦闘02

砲撃戦でボスの深海日棲姫とダイソン(戦艦棲姫)だけにできればS勝利が見えてくる。
夜戦でやってくる友軍艦隊の編成次第だが、友軍がダイソンを沈めてくれれば、後は特効持ちの磯風、嵐、萩風がトドメをさしてくれるはずだ。
画像は入手した日進で試したところ。

■夜戦では友軍艦隊と特攻艦が活躍する
ジョンボスマス戦闘03

たまにボスの深海日棲姫が驚異的な粘りを見せるときがあり、S勝利を逃すことがあったが、ボス戦までこれれば8割はS勝利を取ることができた。
問題はJohnstonのドロップ率だろう。

■ようやくJohnstonを掘り当てたが、バケツは200個以上消費した
ジョンボスマス戦闘04

丙だとS勝利で2%ほど、A勝利だと1%未満らしく、なかなかドロップしてくれない。
今回のJohnston堀周回では50周近く回ったが、連合艦隊編成だったため資材やバケツの消費がかなりヤバかった。

■E3攻略開始前と堀終了後の資材比較
ジョンストン堀開始
ジョンストン堀終了

E3攻略開始前にあった燃料165000、弾薬134000、バケツ1323は、Johnstonドロップ時には燃料91000、弾薬79000、バケツ1095まで減っていた。
実質丸二日は堀周回をしていたから、消えた資材も膨大だ。

まとめと考察


E3丙のJohnston(ジョンストン)堀は連合艦隊ということもあってなかなかに大変だ。
資材消費が大きいだけでなく、道中に大破撤退要因がいくつかあるのも大きい。
基地航空隊や部隊編成、進行ルートによってそのリスクを減らすことはできるが、たまにキツイ一撃があることは覚悟したい。

丙の場合、無理にZZの新潜水棲姫ルートを通らなくてもボスに行けるのはありがたい。
新新潜水棲姫のフラッグシップが出ると先制対潜艦が3隻いても撃ち漏らして、雷撃で大破艦が出る可能性があるからだ。

この堀検証ではVマスを通るレ級ルートを使ったが、丙だと登場するレ級がノーマルのため、重巡や水母にクリティカルが刺さらない限りは大破することはなかった(それでもたまに当たるが)。
レ級は敬遠されがちだが、ノーマルならそれほど脅威じゃないと私は思う。

実際のJohnston堀は、E3攻略後から46回目のドロップでようやく出てくれた。
大破撤退はカウントしていないが4-5回はしたと思うのでだいたい50周は回っているはず。
連合艦隊で50周も回れば資材が吹っ飛ぶのも道理だな。

Johnston以外では長門・陸奥、まるゆ、大淀、朝霜、照月、大東なんかもドロップしている。
まるゆや海防艦は改修などで使いたいのでたくさん落ちてほしい。

■結構レア艦も落ちてきた
ジョン堀レア艦

E3堀で手に入るJohnstonはかなり高性能なので、絶対に入手しておきたい艦娘だ。
資材は盛大に吹っ飛ぶが、ぜひとも頑張って周回してほしい。
この堀記事が艦これ攻略の参考になれば幸いです。


Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply