かつてドブ川だった近所の「柏尾川」に水鳥が帰ってきた

ちょっと気分転換に「春」を探して近所を散策してみた。
普通に歩いても面白味がないので、あまり行かない所を見て回ることに。

普段何気なく目に入っても、まったく気にもとめない近所のドブ川。
一応ちゃんと名前があって横浜市内を流れる二級河川「柏尾川」という立派な名前が付いている。

だが私が子供の頃はもう立派なドブ川で、夏場になると鼻をつまむような悪臭を放って近寄りたいとさえ思わなかった(それほど汚かったw)。
たまたまバイクで近くを通り自販機のコーヒーで一服、その時何気なく川を覗き込んだら水鳥が泳いでいた、あれ?

■ゴミが沈む川面を鴨だか家鴨だかがすーいすい
ゴミの沈む川をすいすい

「ドブ川に水鳥?」と思って川をよ~く眺めると、意外と水がきれいじゃないですか。
川底までしっかり見える透明度。
枯れたアシにビニールが引っかかっているのはご愛嬌かな。
下流の戸塚駅付近でコイが泳いでいるのを見た事はあるけど、こんな近所に水鳥が住んでいるとは思わなかった。

意外ときれいに生まれ変わった柏尾川


◆柏尾川
横浜市内を流れる二級河川。
戸塚区柏尾町から藤沢市川名までの11kmの区間が該当している。
その後境川と合流して江の島側から相模湾に流れ着く。
かつてはヘドロと悪臭を放つドブ川のようだったが、下水処理の整備が進んだおかげで近年きれいな水を取り戻している。

◆平戸永谷川
港南区が源流の柏尾川の支流で、柏尾川と柏尾町で合流する。
我が家から一番近い川だが、かつてはマジでドブ川だった。
住宅地を流れているため緑も少なく、一見するとドブ川のイメージそのまま。
遊歩道が整備されて、何か所か川辺に降りれるようになっている

■横浜の河川紹介(横浜市道路局河川管理課)
横浜市内の河川

家からすぐ側の平戸永谷川で水鳥を発見できたのは驚きだ。
それならもうちょい川が広い柏尾川ならばと思い、川沿いをバイクで下ること約10分。
戸塚駅ちょい手前の平戸永谷川と阿久和川の合流地点(ここから名称が柏尾川になる)に到着。

■柏尾川では目の前を鴨がすいすい泳いでいた
柏尾川とリ01

ちょうど川辺に降りれる場所が柏尾川の合流点にあり、そこから川を眺めると目の前を鴨が泳いでいた。
合流点なので川幅が少し広く、周囲には何羽も鴨を見かけることができる。
目の前を鴨が横切っていくのは見ていて楽しい。

■優雅に足をかきながら川面を進む
柏尾川とリ02

柏尾川の水はかなり透き通っており、かつてのドブ川を知る身としてはまったく別の川に見えてしまう。
そして川の水面に目を向けると、黒くて太い魚体が何匹も悠然と泳いでいるではないか。

■川岸に近づくとコイが寄ってくる
柏尾川コイ01

どうもこの場所で餌を撒いている人がいるようで、川岸に立つとコイがどんどん寄ってくる。
4-50cmはありそうなコイが水面に口を出してパクパクやる姿は迫力がありすぎだ。
釣り針に食パンを付けて口に放り込むだけで釣りあがるぞ(もう釣りじゃないな)。

■ニシキゴイも混じっていて非常に目立つ
柏尾川コイ02

逆に人に慣れていないコイは川岸に立つと一目散に逃げていく。
あれがコイの正しい姿だよなと思いつつ柏尾川を離れ、再び平戸永谷川に戻ってきた。
ちなみに親子連れがコイ釣りに来ていた(本日初の釣り人発見)。

川沿いが遊歩公園になっている平戸永谷川


最初に家鴨(アヒル)らしき鳥を見た平戸永谷川で今度は白いサギのような鳥が見つかった。
近寄ると逃げちゃうので遠くからパシャリ。
真っ白な体に黒いクチバシがとてもきれいだ。

■白い体がとってもきれい
平戸サギ01

この平戸永谷川には遊歩道「平戸永谷川プロムナード」なるものが整備されていた。
川に沿って1kmほどの道のりを散策できる。
途中何か所か川岸にも降りられるので、春になったら釣りも楽しめそうだ。

■遊歩道から川岸に降りられる場所がある
平戸遊歩道01

平戸永谷川は川幅が狭く、流れもゆったりしている。
人が下りられない場所はそれなりに広くなっているが、アシが群生していて景観はイマイチ。
川の両岸がコンクリートなのはいかにも都市型河川といったところか。

■ここでも鴨がすーいすい
平戸遊歩道02

「平戸永谷川プロムナード」には道沿いに花壇や桜の木が植えられている。
きっと春になったらきれいなピンク色の道になるに違いない。
今は真冬で川のアシも枯れているが、緑に生い茂ると景観も変わるだろう。

■遊歩道には花壇がたくさんあった
平戸遊歩道03

■ちょっと汚れているけど「平戸永谷川プロムナード」の案内図
平戸遊歩道04

ここからは川の景観なんかを。
平戸永谷川は住宅街を流れる小さな川なので正直かなり狭い。
それと水面をよく見るとゴミが結構たくさん落ちている。
春になったら自治体でゴミ拾いがあるんだろうなぁ。

■途中の橋から撮影、これだけ見るとなんとも寂しい川だ
平戸遊歩道05

■真冬なので枯れたアシがびっしり
平戸遊歩道06

かつてはドブ川だった近所の川が、随分ときれいに生まれ変わったものだ。
川のあちこちで鴨や家鴨、サギを見かけたので水質もかなり改善されている感じがする。
肝心のお魚はコイしか見つけられなかったが、冬だからアシの陰に隠れているはず、そう思いたい。

■最初に水鳥を見かけたのはココ、魚の気配はナシ
平戸遊歩道07

この川でアユの遡上があったとの噂も聞いた。
春から夏にかけてはコイ、フナ、オイカワ、クチボソが釣れるそうだが、平戸永谷川で釣り人なんて見た事がないw

柏尾川の方はコイがうようよ泳いでいるので、戸塚駅より下流方向で釣り人が結構いるとか。
それとナマズの隠れたスポットらしく、戸塚-大船間で夏の夜釣りが熱いそうな。
境川付近まで下るとシーバスの遡上もあるので、こんな都市型河川でも意外と釣りスポットがあるのが素晴らしい。

暖かくなったら竿を新調して、小物釣りから再開してみたいです。
以上、地元PRも兼ねての息抜き記事でした。
Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply