釣り初心者が右往左往!激安品で組むクチボソ用タックル

すっかり春めいてきて、桜の開花もいよいよ目前。
こんな陽気が続いていると思わず釣りに出かけたくなるものだ。
しかし、もう竿なんて30年も握っていないので完全に初心者に逆戻りしている。

そこで近場で小物釣りを楽しむために、30年振りに釣り用具一式を買うことにした。
といっても狙いはクチボソとかの小物なのでタックルも激安品中心だが。
そう思い立ったはいいものの、意外と近所に釣具店が見当たらなかった。

ガキの頃は結構近所に2-3軒はあったのだが、近くに川も海もない場所なので全部潰れてしまったようだ。
今では一番近い店がバイクで30分の所にある「釣具のポイント港南台店」と「上州屋鶴ヶ峰店」になっている。

題して「釣り初心者が右往左往!激安品で組むクチボソ用タックル」、始まります。

クチボソ扉

横浜は釣り難民が大量発生


横浜でいきなり「釣りがしたい」と思っても、パっと思いつく釣り場がない。
海釣りなら一応「本牧海づり施設」や「磯子海づり施設」があるので行くことはできる。
だが、こうした有料釣り場は常連客も多く、初心者がのこのこ行ってもいいポイントなんぞ確保できず、ボウズで終わるのが関の山だ。

それに海釣りだと初心者がタックル一式を揃えるのも割と大変だ。
基本知識が欠如しているのでどんな仕掛けを用意すればいいのかよく分からない。
釣り情報を見ても仕掛けは大雑把だし、上州屋のような大型釣具店に行くと竿やリールの種類が多すぎて正直どれを選んでいいのか分からない。

ガキの頃は1980円のスピニングリールセットで喜んでいたものだが、おっさんになると見栄もあってある程度しっかりしたタックルが欲しくなる(機能を分かりもしないくせに)。
なので海釣りをすぐに始めるにはちと敷居が高い、ならば池や川釣りならどうだ?

実は横浜在住者が川釣りをやりたいと思っても、手ごろな釣り場が思い浮かばない。
コイやフナ、オイカワなんかを釣りたいなら、相模川や多摩川あたりまで行かないと話にならないと私も漠然と思っていた。

近場で妥協すると「こども自然公園(通称大池公園)」でクチボソが釣れるらしい(ここだとバイクで30分もかからない)。
マジでパっと思いつく場所がこれくらいしかなかった。

■クチボソ釣りなら大池公園
DSCF2470.jpg

家族でピクニックついでに釣りもしたいとなったら、駐車場があり、トイレや自動販売機も完備している大池公園くらいしか候補がなくなってしまう。
初心者が横浜で釣りをしたいと思った場合、海釣り以外だと「クチボソ」くらいしか狙えないのが悲しい現実だ。

実は市内を流れる2級河川(帷子川や大岡川)でも釣り可能なのだが、普段からまったく釣り人がいない川なので釣りをしていいのか不安になる。
それ以前にかつては腐臭を放つドブ川だったので無意識に候補から外してしまっていた。
誰もドブ川に釣り糸を垂れたいとは思わないからね。

初心者が組むクチボソ用の激安タックル


消去法の結果、ターゲットは初心者でも気軽に釣れるクチボソ君に決定。
そこでクチボソ用のタックルを考えることにした。
正直なところ、クチボソならダイソーで買える100円ロッドでもいい気がしたが、最低限の体裁は整えたい。

ここで非常に役立ったのが「つり具の上州屋(鶴ヶ峰店)」だ。
この店は大池公園からもほど近いため、店内の入り口付近に「大池公園釣りセット」なるコーナーができていた。

通常クチボソ狙いだとタナゴ用の仕掛けや針を探すことから始めないといけないのだが、この鶴ヶ峰店では入口で全て揃ってしまったw
タナゴ用の仕掛けはマイナーで、種類を置いてない店も多いからとても助かる。
横浜市内の釣具店は海釣りがメインで、バス向けを除けば川釣り用品は種類が少ないのです。

■激安品の万能小物竿(1.8m)
激安万能竿

まず最初に選んだのが1.8mの万能小物竿。
1380円という激安品だったが、クチボソならこれで十分だと思う。
タナゴ用の5000円台もあったが、これだとクチボソにはちょっともったいない。

■タナゴ用仕掛けはちょっとお高い
タナゴ仕掛け

次に用意したのがタナゴ用の専用仕掛けだ。
小さいウキがセットになった物で替えの針も付属する(677円なり)。
ついでに予備の針と道糸(ライン)やハリス止めも買ったが、この仕掛け代ですでに竿よりも高くついているw

■手を汚さずにすむチューブ練り餌「池の王様」
池の王様

クチボソ釣りの餌には赤虫が一番。
だけど手を汚さずに餌の取り付けができるチューブ練り餌の利便性に魅かれて「池の王様」を購入(350円なり)。
食いつきがいいと評判だが実力のほどは?

■釣りの必需品、ビニールバケツ
バケツ

釣りで忘れちゃいけないのがビニールバケツ。
釣った魚を生かしておくのにこれがないと始まらない。
これでエアポンプも揃えれば完璧だろう。
お値段600円(8mのロープ付きだった)。

■100円ショップで買ったミニケース
小物ケース

釣りの小物を整理するにのミニケースもあった方がいいだろうと購入。
最初は上州屋で探したが結構いいお値段がしていたのでダイソーで買うことに。
釣具店の物ほど機能的じゃないけど、仕掛けをまとめてぶち込むならこれで十分。

■ラジオペンチ2種類
ラジオペンチ

これはクチボソでは使わないけど、海釣りをやった時に針を外すのに必要と思い購入した。
すぐにデロデロの汚れると思うので100均で十分だ。

■魚のキャッチ用にミニトングがあると便利
トング

最後に買ったのが魚キャッチに使うミニトング。
海釣り開始まで使わないけど、海の魚には触ると危険なやつもいるので必須と判断。
某海釣り動画でフグやらウミケムシやらをよく見たのでちょっと素手だと怖くなった。

お買い物集計(税別)
1.8m万能竿: 1380円
タナゴ用仕掛け: 677円
タナゴ針: 180円
道糸0.4号: 400円
ハリス止め: 207円
ガン玉セット: 190円
池の王様: 350円
ビニールバケツ: 600円
小物ケース: 100円
ラジオペンチ×2:200円
ミニトング: 298円

合計: 4582円


クチボソ釣り用に準備した仕掛けはこれで全部。
上州屋には「大池公園釣りセット」なる竿込み一式で1000円しないやつもあったが、最初くらいは仕掛けにこだわりたかった。

これで準備は整った。
桜の咲く週末にでも、花見気分でクチボソ釣りに行きますか。
実に30年振りの釣り再開なので童心に帰ったつもりで楽しんできます。

なんともチープなクチボソタックルの話になってしまったけど、花見シーズン到来なので皆さんも色々と楽しんでください。
Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply