ウクライナ危機を教訓に学ぶ値上りしそうな商品と防災への備え

-
値上り扉

2022年2月24日から始まったウクライナ危機(ロシアによるウクライナ侵攻)。
始まる前は楽観論も多かったが、実際に危機が現実のものとなった今、世界中が固唾をのんで見守っている。

私自身もニュースやネットにかじりついている状態だが、そうしてばかりもいられない。
このウクライナ危機により近々にさまざまな商品の値上げや品不足が思いつくからだ。

そしてここへきて対ロシア制裁が本格化してきた。
ロシア銀行のSWIFT(国際銀行間通信協会)からの排除・遮断だけでなく、石炭・石油など多くの品が禁輸対象になりそうだ。

素人の私でも「ヤバい」と思う事態だが、確実にロシアでも騒ぎが大きくなってきている(砂糖などの輸入品が品不足に)。
このロシア制裁が日本にもたらす影響もジワジワと価格上昇として表面化してきている。

この先、当初予想したよりも値上げ関連は悪化するかもしれない。

東日本大震災、台風19号、コロナの非常事態宣言等で何度も「そんなことないよな」みたいな事を経験したので、とても楽観なんてしていられない。

そう、「備えあれば憂いなし」。
自分や家族を守るためにも、「もしもの備え」は、まだ何も起こってない日常にこそ行うべきだ。

題して、「ウクライナ危機を教訓に学ぶ値上りしそうな商品と防災への備え」、始まります。


ウクライナ危機はガソリンその他の大幅値上げに繋がる


今まさに進行中の「ウクライナ危機」。
2月の始め頃から「起こるのか、起こらないのか」と話題になっていたが、北京冬季オリンピックが終わったタイミングで現実のものとなってしまった。

このウクライナ危機が私たちの生活にどう影響するのか、まずはここが一番気になるところ。
ロシアは石油や天然ガスなどの天然資源だけでなく、小麦等農産物に関しても輸出量が非常に多い。

■世界の主要穀物輸出国(農林水産省作成)
穀物輸出

農林水産省の出した2018年度の主要穀物輸出国調査では堂々の世界1位だから驚き。
片やウクライナも同年世界5位とこれまた農業大国だ。

この2つの国が戦争状態に突入したことで、穀物類の輸出ストップが懸念される。
確実に穀物関連の価格上昇は避けられない(すでに小麦の先物取引は高騰を続けている)。

■高騰するシカゴ先物取引(小麦)
小麦価格

同時に原油価格や天然ガス関連、そして石油製品も値上りが予想しやすい。
ウクライナ危機が「各種商品の値上げ」に拍車をかけることになるだろう。

■今後値上りが予想される商品
・ガソリン
・小麦関連商品(パン、パスタ等多数)
・カップラーメン類
・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・缶詰
・ウイスキー
・冷凍食品
・レトルト(カレー等多数)
・調味料(マヨネーズ、ケチャップ等)
・コーヒー関連
・菓子類
・ファーストフードやコンビニ
・バター/チーズ等の乳製品
・石油関連商品
・電気・ガス料金


パパっと思いつくものを書き出してみたが、ウクライナ危機に関係なく元々値上げ予定だったものも含んでいる。
戦争が始まった2月下旬に比べて4月中旬の今は当初予想していたよりも値上げ品目が激増している。

ウクライナ情勢も当初より長期化・不安定化しており、それにつられて世界中の市況が混乱中だ。
これ以外にも飼料コスト上昇で畜産、燃料代上昇で農業、漁業全般も値上げの波が押し寄せる可能性がある。

■ただでさえ高いガソリンは200円オーバーもありうる
ガソリン

このうちガソリンと小麦関連は情勢次第で更に一段上の値上りもありうるので要注意かもしれない。
とりあえずガソリンだけは今の内に入れておいた方がいいだろう。

このままだと200円どころか300円超えすら覚悟が必要な情勢になってきているのが恐ろしい。

■先回りで確保した方がいい商品
・ガソリンは車に満タン
・保存の利くパスタやラーメン類
・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー


東日本大震災や2020年の緊急事態宣言の教訓から、ちょっとした噂がSNSやネットで流れただけでも品切れになりやすい物はあらかじめ備蓄した方が賢明だ。

緊急事態宣言の時は噂が独り歩きした結果、私の住む地域でもトイレットペーパー1袋を買うのにえらく苦労した記憶がある。

スーパーでパスタやラーメンが1家庭で1袋に制限された記憶も新しい。
どうせ値上りするものはあらかじめ2~3か月分備蓄してしまってもいいだろう。

■トイレットペーパー類は備蓄したい
値上りトイレットペーパー

トイレットペーパーやティッシュペーパーの値上げはかなり顕著だ。
大王製紙は3/22から現行商品を15%値上げするなど、かなり影響が大きい(我が家は大王製紙のエリエールを使っているので直撃だ)。

こうしたティッシュ類は腐らないので少し多めに備蓄しておくとよさそうだ。

■パスタや袋麺は保存が利くので便利
値上りパスタ

日清食品は6月からカップラーメン等の値上げを予定している。
パスタ類も順次値上りしていくことが予想されるので、値上げ前に少し備蓄を増やしておくといいだろう。

冷凍食品もメーカーによっては5~15%値上がりが予想されているのでよく使う商品は押さえておきたい。

さて、今回のウクライナ危機は米露の応酬でかなり早い時期から予測されていたが、次に気になるのがいつ来るか分からない災害だ。

特に最近は南海トラフ巨大地震や富士山など、不穏な話題も多い。
このウクライナ危機を教訓にして、こうした自然災害への備えも同時に考えておくとよさそうだ。

危機を教訓にして防災への備えを!


ウクライナ危機を教訓に、生活防衛のためにもある程度の備蓄は絶対に行うべきだ。

特に保存の利く食品(パスタ類や缶詰)、ないと困るトイレットペーパー関連は、市場が不足してから慌てても、その時はもう手に入らない可能性が高いので気を付けたい。

次に少し視点を変えて、地震や台風といった自然災害についても考えてみたい。
3月といえば東日本大震災の記憶(恐怖)は今でも鮮明に思い出される。

正直、南海トラフ巨大地震などの災害はいつ起こっても不思議じゃない。

最近は「やれ富士山の様子がおかしい」や「阿蘇山の危険レベル上昇」など、不穏な話題に事欠かない。
つい先日は日向灘を震源(南海トラフ地震の震源域内)とする震度5の地震もあったばかりだ。

こうした自然災害で一番怖いのが「停電」。
重要な生活インフラも停電一発でストップしてしまう。

災害時の緊急情報はスマホが生命線になるだろう。
携帯電話網さえ無事なら情報入手の貴重な手段になるからだ。

スマホ用ソーラー式充電器

■災害時はスマホが生命線
備えスマホ01

それだけに、電力(バッテリー)の確保は重要。
もしものためにも、モバイルバッテリーやソーラー充電器は確保しておきたい。

特にポータブルのソーラー充電器は災害時だけでなくキャンプやアウトドアでも利用できるのでとても便利だ。

\停電中でも太陽光でスマホに充電できる/


スマホのモバイルバッテリーを持っている人も多いだろうが、災害時の停電ではすぐに使い切って役立たなくなる。
そうした場合は乾電池を使って充電できるタイプの充電器が重宝する。

東日本大震災の時に日本中で乾電池が消えた教訓から、ある程度は各家庭で備蓄しているはずなので、スマホの充電にも役立てたい。

\乾電池でスマホに充電できる優れモノ/


災害にも強いポータブル電源

■災害時にはポータブル電源が欲しい
備えポータブル電源01

災害時に避難所まで行けない、あるいは自宅で待機したいと思う場合もあるだろう。
問題は電気、ガス、水道等のインフラが使えない可能性が高い点。

だが、このうち「電気」だけでも確保できれば自宅待機も選択肢の一つになってくる。
そこで注目したいのが家庭で使える「災害用ポータブル電源」だ。

電源単体でもアウトドア等で便利だが、ソーラーパネルと組み合わせることでアウトドアだけでなく災害時でも大活躍してくれる。

停電時の非常用電源として、テレビや冷蔵庫、扇風機などの家電も使用可能なのが素晴らしい。

一般家庭だけでなくマンションやアパートに1台用意しておくと、とても役立つタイプのポータブル電源だろう。
災害時の備えではやはり「電力の確保」が一番重要な課題だ。

\もしもの停電に備えたい/


もしものための防災セット

■防災セットは備えておきたい
備え防災バッグ01

必ず準備しておきたいのが、もしものための防災セット(防災バッグ)じゃないだろうか。
数日分の食料、各種防災グッズ等、災害時に必要な物が全部詰め込まれていていざという時に頼りになる。

避難指示が出ている時にこれ1つあれば、一番危険な数日(3日間)を乗り切る事が可能だ。

実際、東日本大震災や熊本地震でもちゃんとした救援物資が避難所まで届くのにかなり時間がかかっている。

ましてや周囲から孤立でもしようものなら、防災セットの存在はそのまま命綱になりかねない。
家族の命を守るためにも、人数分の防災バッグは用意しておくべきだ。


\よく入荷待ちになる人気の防災セット/


防災士厳選の防災グッズ39点セット


\楽天でも実績の高いもの凄い防災セット/


≪防災安全協会認定 3WAYキャリーリュック採用≫ ものずごい防災セットシリーズ


まとめと考察


今まさに継続中のウクライナ危機だが、これによりさまざまな商品の値上げが予想される。
場合によっては品薄からの買い占め騒動に発展してもおかしくない。

特にガソリン価格や小麦関連の値上げは確実だ。
そうした「もしも」の時に慌てないためにも、最低限の備蓄を行っておいた方がいいだろう。

災害に備えて防災バッグやポータブル電源の準備も重要だ。

「何か起こってから考えればいい」では遅すぎる。
東日本大震災や非常事態宣言の教訓からも、最低限の備蓄は怠ってはならない。

自分や家族を守るためにも、常日頃からもしもへの備えを忘れないように心がけたい。
この記事が「もしも」の備えの参考になれば幸いです。



→ ホーム画面 に戻る


Posted byJunyou