ダイソンが柔らかい!E3丙デ・ロイテル周回堀り【艦これ2019秋イベ】

艦これの秋イベントが始まってから1週間以上が経過した。
E4以降の後段階も実装されて、いよいよ攻略本番といったところだ。

イベント前半のE3で軽巡洋艦デ・ロイテル、E4では重巡洋艦ヒューストンがドロップするわけだが、どちらも連合艦隊編成でかなり大変。

難易度的にE3のデ・ロイテルは結構楽な部類なのが救いだ。
E3の攻略自体はすぐに済むが、本番はデ・ロイテルの周回堀りからになる。

私は堀りをメインに考えていたので丙で挑んだが、甲で掘る提督の苦労が偲ばれる。

題して「ダイソンが柔らかい!E3丙デ・ロイテル周回堀り」、始まります。

デロイテル掘り扉


デ・ロイテルの周回堀りは水上連合が楽


艦これ秋イベントは後段階も始まったことで攻略に熱が入っていることだろう。
だが、艦これの本番は攻略後に始まる新艦娘の堀りだ。

前半E3-2ではオランダの軽巡洋艦De Ruyter(デ・ロイテル)がドロップする。
「激突!スラバヤ沖海戦」の一番の攻略目標だw

デ・ロイテルはボスマス(Oマス)で落ちる。
丙ならS勝利も簡単に狙えるので後は周回する回数の問題になるだろう。

■デ・ロイテル堀りの進撃ルート
デロイテル掘り進撃ルート扉

デ・ロイテル掘りでは水上連合で挑むのが楽だ。
道中対潜2回、水上戦2回でボスのOマスに到達できる。

道中の戦闘は対潜部隊さえしっかり用意すれば、無傷に近い形でボスまで行ける。
基地航空隊は全部ボスマスに投入するのがベスト。

■デ・ロイテル掘りの水上編成例(第一艦隊)
デロイテル掘り編成01

E3では特効艦を多く投入できる。
第一艦隊では重巡羽黒、那智、足柄、軽巡那珂が特効持ち。
これに軽巡阿賀野と軽空母千歳を入れている。

装備は20.3cm3号砲をメインとした砲撃仕様。
私の編成はたいして強くないが、これでもボス戦は余裕だった。

なお、制空を取るために千歳に艦戦を1部隊必ず入れておきたい。

■対潜専門の第二艦隊
デロイテル掘り編成02

第二艦隊は道中の対潜マスで先制対潜をするのが目的になる。
対潜部隊を3つも入れておけば対潜マスは無傷で突破できる。

一応ボスの戦艦水鬼(ダイソン)用に神通と北上を用意したが、あまり出番はなかった。
丙だと昼戦でダイソンが沈むことが多いからだ。

数値的なことを知りたいなら艦これwikiを参照してほしい。

ダイソンが柔らかくてS勝利も簡単


さて、実際の周回だが、E3は丙だとかなり簡単だ。
対潜マスはカ級が中心だし、水上戦闘も重巡までしか出てこない。

■DマスとEマスの対潜マスは先制で突破
デロイテル掘り対潜マス

まず最初に通るのがDマスとEマスの対潜マスだ。
ここは3隻の先制対潜艦でさっさとケリを付けてしまおう。

先制対潜でミスでもしなければ無傷で突破できる。
が、意外と外すから困るよな。

■GマスとJマスの重巡2が油断できない
デロイテル掘り戦闘02

道中のGマスとJマスは敵が弱い。
ただ、軽巡へ級フラッグシップ、重巡リ級フラッグシップ、リ級エリートの強編成が出た時は油断しないように。

第一艦隊は重巡メインなので被弾してもたいてい中破で止まるが、最後尾の千歳だけは大破する可能性がある。
私が攻略したときはまったく当たらなかったが一応注意すること。

■ボスの戦艦水鬼(ダイソン)は重巡ネ級改より柔らかい
デロイテル掘りボス戦闘01

満を持して登場するOマスの戦艦水鬼(ダイソン)だが、丙だとめっちゃ柔らかい。
さすがに甲まで行けば強敵だろうが、丙だと雑魚の名こそふさわしい。
E3-1のボス重巡ネ級改の方がよっぽど強敵だったw

■ボス戦では基地航空隊を投入
デロイテル掘りボス戦闘02

周回堀りでは基地航空隊をボスマスに集中。
ボスマスでは敵が連合艦隊編成で出てくるが、この基地航空隊が随伴の半分は沈めてくれる。

この後、千歳の空爆、北上の雷撃で敵の随伴艦はほぼ壊滅し、ダイソンは独りぼっちになることが多かった。

■特効艦の重巡が強くて昼にケリがつく
デロイテル掘りボス戦闘03
デロイテル掘りボス戦闘04

砲撃戦が始まると、ダイソンがタコ殴りにされる(とにかく柔らかい)。
割合ダメージでガリガリと削られた所に特効艦の連撃が決まると、それだけでダイソンが吹き飛んでしまった。

せっかく用意した夜戦部隊だが、まったく出番がないことが多い。
それだけ丙のダイソンは柔らかかったということだろう。

■周回堀り開始早々、デ・ロイテルと邂逅
デロイテル掘りボス戦闘05

さて、デ・ロイテル周回掘りと題して記事を作ったわけだが、堀り開始早々に邂逅してしまった。

記事的にはどうなのかとも思うが、運がよければすぐに巡り合える例とでも思って欲しい。
ツイッターではデ・ロイテルを求めて何十周もしている提督がゴロゴロしているので、あくまで運が良かっただけだろう。

まとめと考察


艦これの秋イベントの目玉の一つ「デ・ロイテル」。
E3は連合艦隊編成ということもあり、掘りは後回しにして攻略を優先している提督も多いことだろう。

実際、重巡メインの部隊でも燃料弾薬はそれなりに消費する。
ここで100周とかする羽目になると、後段階の攻略に影響が出かねない。

やはりデ・ロイテルの周回掘りはイベント攻略後に挑むのが正しい選択だと思う。
私の場合は掘り開始早々にドロップしてしまったが、こんな幸運はめったにない。

前回のイベントではU-511掘りにドハマリした。
それを思うと他の艦娘堀りで罠が待ち構えていそうで怖い。

新艦娘の周回堀りはあくまで己の運との闘いなので、この記事も参考程度にしかならないと思う。

ただ、E3は丙での周回堀りなら道中の攻略がとても簡単なので、かなり気楽に周回できる。
ストレスを溜めないことも周回テクニックの一つなので、ぜひ気楽な気分で挑んでみてもらいたい。

この記事がデ・ロイテル邂逅の参考になれば幸いです。


→ 明石投入で最短ルート!E4丙ヒューストン周回堀り の記事へジャンプ


→ ホーム画面 に戻る

Posted by社交場のマスター(Junyou)
艦これ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply