【艦これ】シャッター連発で100周覚悟!E2-1丙迅鯨堀り【2020夏】

迅鯨堀扉

艦これの夏イベント「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」の前半山場は個人的に新艦娘「迅鯨」堀りじゃないかと思っている。

イベント自体は普通にプレイしていれば突破できるが、堀りだけは運がからんでくるからだ。
特に迅鯨は掘れるポイントが一番の問題になっている。

迅鯨はE2「瀬底島、その先へ――」でドロップする。
だが、甲以外だと前半E2-1のボスマス(Mマス)でしか確認されていない。

なんとこのMマス、高確率でガシャンを食らうシャッターマスなのだ。
丙で挑むなら迅鯨はMマスで掘るしかないのがツラい。

題して「シャッター連発で100周覚悟!E2-1丙迅鯨堀り」、始まります。


E2-1丙迅鯨堀りは恐怖のシャッターマス


艦これのイベントで何が一番キツイと感じるだろうか?
私は新艦娘の堀りが最も大変な作業だと思っている。

この「堀り」は一度ハマると、とにかく艦娘が出ない。
理想は海域攻略中に落ちてくれることだが、そんな幸運はめったにないのだ。

今回、堀りに挑んだのはE2海域の新艦娘「迅鯨」。
丙だと前半のボスマス(Mマス)でしかドロップが確認されていない。

さらに困ったことに、このMマスは艦娘ドロップが確定ではない。
かなりの高確率でシャッターがガシャンと落ちるのだ。

このシャッターを連続で食らうとマジでモチベが下がるから困る。
周回の気力維持がとても大変な堀りと言えるだろう。

また、E2は連合艦隊編成で攻略しないといけないため、資材消費も膨大になる。
少しでもエコ周回を心がけないと堀りだけで資源が枯渇する危険性を孕んでいるのだ。

■E2-1丙迅鯨堀りの注意点
・周回は連合艦隊編成
・ボスの集積地棲姫は陸上タイプ(よく燃える)
・中大破艦続出でバケツも結構消費する
・基地航空隊に損害が出るとボーキの減りが多くなる
・甲以下だとボスマス(Mマス)でしかドロップしない。
・ボスを倒してもシャッター率がかなり高い
・純粋に迅鯨のドロップ率低い


注意点をざっとまとめてみたが、迅鯨堀りは正直問題だらけだ。
連合艦隊で挑まなくてはいけないので、とにかく資源を消費する。

また、ドロップ率が低いくせにシャッター率も高いため、マジで迅鯨が落ちない。
連続でシャッターのガシャン攻撃を食らうと心が折れそうになる、助けて。

丙だと道中の突破は楽だが、その分ドロップ率は低い。
とにかく周回数が多くなるので、できるだけエコな編成を心がけないと資源があっという間に飛んで行くことになるだろう。

100周は覚悟!輸送連合でエコ周回


前振りが済んだので、実際の周回手順に入りたい。
私がE2-1丙迅鯨堀りに使ったのは「輸送連合」だ。

輸送連合だと1周あたりの資材消費がかなり低く抑えられる。
その分撃たれ弱いのでバケツ消費は多くなるが、イベント攻略のためにも資材は極力残しておきたい。

■第一艦隊編成例
迅鯨第一編成

第一艦隊の旗艦だが、二式大艇を積める秋津洲を投入。
E2-1のMマスはかなりシャッター率が高いと掲示板やツイッターで話題になっていたので、おまじないも兼ねている。

嘘かほんとか、以前どこかの検証記事で二式大艇を使うとシャッター率が下がるというのを見た記憶がある。

その記事でも確証はないようだが、通常海域での検証では確かにドロップ率が上がっていたのを覚えている。

とにかく1回でもシャッターが減れば万々歳なので、秋津洲に二式大艇を3機載せてみたわけだ。

駆逐艦は4隻、最後尾には護衛空母大鷹改二を配置。
大鷹には戦闘機をガン積みにしてボーキの消費を抑えている。

なお駆逐艦にはできるだけ対地兵装も用意。

■第二艦隊編成例
迅鯨第二編成

集積地棲姫戦の本命になる第二艦隊は徹底した対地兵装だ。
特効艦の軽巡矢矧、潮、霞、ベールヌイに大発やロケット砲を搭載。

残り2隻はCマスの潜水艦対策で先制対潜仕様にしてある。

■基地航空隊はHマス集中
迅鯨基地航空隊

最後に基地航空隊は道中突破率を上げるためにHマスに集中。
これにより無傷でボスマスへの到達率を上げている。

■消費資材(第一艦隊)
迅鯨消費第一

■消費資材(第二艦隊)
迅鯨消費第二

第一艦隊は燃料74、弾薬56、ボーキ少々
第二艦隊は燃料49、弾薬58

1戦あたりの資材消費はこんな感じ。
ボーキは基地航空隊の被害が大きかった時に結構持っていかれた。
バケツは1戦で1~3個くらい消費。

■輸送連合の進撃ルート
迅鯨進撃ルート

輸送連合だと最短コースを通れるので、ACHIMの順に進む。
道中の戦闘はCマスの対潜とHマスの水雷戦隊だけ。

■Cマスは先制対潜で無傷突破
迅鯨Cマス戦闘

Cマスは先制対潜のおかげで基本無傷で突破可能。
1度だけ3隻編成(エリート込み)の時に先制対潜でエリートを撃ち漏らし、雷撃で大破している。

■Hマスは基地航空隊の働きで無傷突破可能
迅鯨Hマス戦闘

Hマスは先頭のフラ軽巡がやっかいだが、大抵の場合基地航空隊の攻撃で半壊し、続く砲撃で沈めきれている。

たまにしぶとく生き残ったフラ軽巡の雷撃で被害を受けたが、撤退までには至らなかった。

■ボスマスは被害が出るものの昼戦で終わることが多い
迅鯨ボスマス戦闘01
迅鯨ボスマス戦闘02

最後のボス戦だが、集積地棲姫の先制雷撃と砲撃で1~3隻の被害が出やすかった。
だが、中破していても大発艦の攻撃が決まれば一撃で集積地棲姫は燃え上がるのでS勝利は確実。

■たまに夜戦にもつれ込むがそれでも勝率100%
迅鯨ボスマス戦闘03

夜戦になってもまず負けることはない。
それよりも戦闘後のシャッターの方が個人的にはきつかった。

■迅鯨は101周目で無事確保
迅鯨ドロップ

肝心の迅鯨だが周回101周目でようやくドロップ。
オカルトを信じて二式大艇を使ってみたわけだが、シャッター率は最終的に35%ほどだった。

これが多いのか少ないのか判断が難しいが、連続3回以上はシャッターが落ちなかったので個人的には「効果あり」だったと思いたい。

■迅鯨堀り101周の記録
迅鯨堀結果

まとめと考察


艦これ夏イベントのE2-1丙迅鯨堀りだが、正直かなりきつかった。
堀り周回を開始したのは7/5からだが、堀り当てたのは7/10になってから。

実に1週間近くも迅鯨堀りに付き合うことになってしまった。
疲労抜きの休憩を入れながら、1日15~20周ほどのペースで回したがとにかく落ちない。

私の場合はシャッター率が3割ちょっとで済んでいたが、人によっては5割を超えるケースもあったので、精神的にきつい堀りだと思う。

丙で挑んたこともあり、輸送連合のおかげでかなり資源の消費は抑えられた。
100周以上回ったが、弾薬・燃料はそれぞれ13000ほどで済んでいる。

ただ、ボーキは8000ほど消費していた。
基地航空隊がたまに大きな被害を受けていたのが影響したかもしれない。
ノーマルのくせに、ツ級許すまじ。

E2-1丙の迅鯨堀りは、シャッター率が高いこともあってなかなか落ちない。
日数をかけて100周レベルの周回を覚悟した方がいいだろう。

この記事が艦これ攻略の参考になれば幸いです。



→ ホーム画面 に戻る



→ 艦これ攻略記事一覧 に戻る


Posted by社交場のマスター(Junyou)
艦これ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply