正月紡を投入!カプリコーンリビングデッド禍討伐戦攻略法【凍京ネクロ】

-
カプリコーン禍扉

凍京ネクロで去年戦ったカプリコーン(山羊)がパワーアップして帰ってきた。
レイドイベント「カプリコーンリビングデッド禍討伐戦」の始まりだ。

それにしても尻のジェットエンジンを噴かせて突進する山羊はリビングデッドといっていいのであろうか?

レイドイベントの報酬は★4ミュゼ。
腕が羽になっているハーピーのような見た目のキャラだ。

ボスの山羊は破壊部位が横一列なので比較的倒しやすい。
ガンガン倒して★5ナイフを手に入れよう。

題して「正月紡を投入!カプリコーンリビングデッド禍討伐戦攻略法」、始まります。


カプリコーンリビングデッド禍討伐戦の基礎情報


凍京ネクロの新イベント「カプリコーンリビングデッド禍討伐戦」は、山羊にしか見えないボスをひたすら倒すレイドイベントだ。

■イベントの基本ルール
カプリコーン禍ルール01

イベントへの参加は自発と救援の2種類の方法がある。
救援は2BPを消費して救援依頼の出ているレイドに参加するだけ。

自発は先に単独任務を周回してエネミーレポート(挑戦券)を集め、レイドの難易度に合わせた数を消費することでレイドを発生させられる。

■エネミーレポートは単独任務の周回で集めよう
カプリコーン禍ルール02

単独任務にはイージー、ノーマル、ハードの3種類あるが、基本的にハードをAPブースト3倍で回るのがおすすめだ。

■APブースト3倍でだいたい150枚ほど
カプリコーン禍ルール03

ハードをAPブーストで回るとレポートが150枚ほど手に入る。
これを使って戦いたいレイドを発生させればいい。

地味に強化チップも貯まるのがありがたい。

■自発に必要なレポートの数
ハード:レポート10枚
ベリーハード:レポート20枚
エクストラ:レポート30枚
ヘル:レポート50枚


最後のヘル級はイベント後半になってから登場する。
鬼のような耐久力を持っているがその分設計図も落ちやすい。

■イベントのボーナスのスケジュール
カプリコーン禍ルール04

イベントでは毎日ボーナス属性が入れ替わる。
今回は赤→紫→青の順番だ。

ボーナス属性に挑むと手に入る貢献が2割ほど増える。
同時開催のギルドイベントも積極的に参加するならボーナス属性の日程は要チェックだ。

■カプリコーン(山羊)の破壊部位
カプリコーン禍ルール05

レイドボスの山羊だが、破壊部位が横一列に並んでいる。
奥の部位まで破壊するには横3マスまで届くAS攻撃が必要。

最前列しか攻撃できなくても前2つの部位は破壊できるのでボスの撃破は可能だ。

■イベントの重要な報酬
・★4ミュゼ:戦果10000
・ミュゼ専用ホロ4枚:戦果20万まで
・ミュゼのスキルメモリ13枚:戦果60万まで
・ガチャチケット2枚:戦果76000万まで
・★5ナイフ9本:戦果100万まで
・バトルアーツレコードG合計5個:戦果90万まで
・★5クオリティアップ素材2個:ギルド証合計4800枚



アイテム交換でも★5ナイフやスキルメモリ、バトルアーツレコードと交換できるので、がっつり周回を重ねたい。

■特効キャラの設計図ドロップ倍率
カプリコーン禍ルール06

今回ドロップ倍率持ちのキャラは★5丁嵐と★4ミュゼの2人だけ。
ただ、レイド戦での火力を考えるとどちらか1人くらいしか投入できないと思う。

■イベントの特効キャラ
カプリコーン禍ルール07-1
カプリコーン禍ルール07-2
カプリコーン禍ルール07-3

★5丁嵐と★4ミュゼ以外に、★5梅芳乃と★5黒尾丸も特攻キャラになっている。
所持しているなら敵の属性に合わせて投入するといいだろう。

■配布のミュゼは対赤属性の火力に使える
カプリコーン禍ルール08

配布キャラの★4ミュゼだが、ASの火力が高いため主力メンバーに投入できる。
だが設計図のドロップを諦めるなら、より火力の高いキャラを使った方が討伐速度は上がるだろう。

■ピックアップガチャは★5丁嵐霞巳
カプリコーン禍ルール09

★5丁嵐は自己バフでATKを上げるので結構面白いキャラ。
問題は投入する枠があるかどうかになりそうだ。







ベリーハードは紡+ミュゼでワンパン可能


さて、実際の攻略編成を考えてみたい。
今回は正月紡を使ってベリーハードのワンターンキルに挑戦したい。

とはいえ、自発でソロ攻略する場合は30凸武器が不可欠だ。
正月紡に最大火力を出させるためにも、30凸武器をたくさん持たせよう。

■ベリーハードソロ攻略に使った編成例(対赤属性)
カプリコーン禍戦闘01

せっかく配布の特効キャラがいるので、これも生かした編成を考えてみた。
★4ミュゼのAS攻撃力は800%(スキルLV5時)と配布キャラとしてはかなり高め。

残念ながら奥の部位まで攻撃は届かないものの、30凸武器さえ用意できれば十分に火力担当として活躍できる。

バフ役は正月紡が兼任するので、もう1人高火力アタッカーを投入できる。
今回の編成例はそのままエクストラでも使用できるのでガンガン使っていきたい。

アタッカー1:絢崎紡(4凸/スキルLV5)
アタッカー2:ミュゼ(スキルLV5)
アタッカー3:夜舞アリス(4凸/スキルLV3)


■紡とミュゼの装備
カプリコーン禍戦闘02
カプリコーン禍戦闘03

次に正月紡に持たせたのは火力が高い30凸アサルトライフル10本。
サブのミュゼにも30凸拳をめいっぱい装備させよう。

準備が整ったら後はワンパンを狙うだけ。

■最初は紡の攻撃&バフ
カプリコーン禍戦闘04-1
カプリコーン禍戦闘04-2

ベリーハードの戦闘は正直見ているだけ。
キャラの行動順は紡→ミュゼorアリスで調整すること。

紡のASはバフも兼ねているので、とにかく先に撃たせる必要がある。

■ミュゼが追加ダメージを入れて終了
カプリコーン禍戦闘05-1
カプリコーン禍戦闘05-2

紡の攻撃でもうHPが1/3になっているが、この後ミュゼのASを叩き込めば終了。
これはアリスのASでも構わない。

正月紡がいればベリーハードまでならレイドイベントはめちゃくちゃ楽になる。

さすがにエクストラ以上は敵がタフになるので倒すまでに時間がかかるが、ベリーハードまでなら今後もワンターンキルが狙えるだろう。

■設計図のドロップは渋い
カプリコーン禍戦闘06

ベリーハードソロができれば周回は楽だが、設計図のドロップは正直渋い。
今回の編成例ではドロップ倍率キャラにミュゼ1人しか使っていないので、ボーナス枠から2枚までしか設計図が落ちないからだ。

30凸ナイフをたくさん作りたいなら、かなり周回を重ねないと厳しいだろう。

ちなみにこの編成でエクストラを回ったが、だいたい3分以内に倒せている。
対青属性や紫属性でも、少し時間はかかるもののエクストラまでソロ攻略できた。

まとめと考察


凍京ネクロのレイドイベント「カプリコーンリビングデッド禍討伐戦」は昨年よりもかなりパワーアップして帰ってきた。

確かに強敵になったが、正月紡を持っているならかなり有利に戦える。
正月紡の有無は今後のレイドの難易度を大きく変えることになるだろう。

今回は特効武器に「刀」が入っていないのでドレス蜜魅は使わなかった。
ドレス蜜魅はスキルターンが長いので、特効キャラを入れる余裕がなくなってしまう。

今回の編成例はエクストラにも投入できる。
ただ正月紡が無凸だと敵を倒すまで少し時間がかかると思う。

イベント後半から登場するヘル級はHPも膨大なので、結構苦戦するかもしれない。
イベント報酬の★4ミュゼだが30凸武器さえあればベリーハード以上でも主力に使える。せっかくなのでスキルV5まで鍛えてみてほしい。

レイドイベントは★5武器の30凸が作りにくいが、イベント後半のヘル級を活用すれば多少は作るのが楽になる。
★5ナイフはイベントで手に入る機会が少ないので1本でも多く30凸を狙うことをおすすめしたい。

この記事が凍京ネクロ攻略の参考になれば幸いです。






→ 凍京NECRO記事一覧 に戻る



→ ホーム画面 に戻る