配布の岡部倫太郎は超重要!残留思念のコンシステンシー攻略法【凍京ネクロ】

-
シュタゲ扉

凍京ネクロでシュタインズ・ゲートとのコラボイベント「残留思念のコンシステンシー」が始まった。

シュタゲでおなじみの岡部倫太郎(オカリン)、まゆり、紅莉栖が凍京に舞い降りるという話だ。
凍京の地で懐かしいシュタゲのノリが楽しめるのは素晴らしい。

イベント報酬は我らがマッドサイエンティスト岡部倫太郎。
オリジナル風のオカリンが待ち受け画面でヌルヌル動くのは一見の価値あり。

コラボのピックアップガチャでは前半に牧瀬紅莉栖、後半で椎名まゆりが登場する。
イベント特効を兼ねているので、イベントをがっつり回りたいならぜひ欲しい。

題して「配布の岡部倫太郎は超重要!残留思念のコンシステンシー攻略法」、始まります。


配布の★4岡部倫太郎は超重要!


凍京ネクロでシュタインズ・ゲートとのコラボイベント「残留思念のコンシステンシー」がやってきた。
まずは頭を空っぽにして、オカリン率いるシュタゲのイベントを楽しんでほしい。

■タイムマシンを手にして思う事はw
シュタゲDメール

随所でシュタインズ・ゲートの雰囲気が感じられ、原作が懐かしくなる。
途中で原作画面もバンバン登場するので、原作プレイ済みなら思わす「くすっ」と笑いがこぼれることだろう。

シュタインズ・ゲートの原作に興味があるなら下記のレビューもどうぞ。

今こそ楽しむべき不朽の名作、シュタインズ・ゲート!

「めちゃくちゃ面白いアドベンチャーゲームは何か?」と問われたら、私は「シュタインズ・ゲートだ!」と答えるだろう。最初は2009年にXbox360で発売されたが、日本では販売台数がとても少ないXbox360で予想外の大ヒット。「めちゃくちゃ面白い」と口コミで話題になり、PC版、PSP、iOS、Android、PS3、PS4等、どんどん移植が進むといった珍しい現象を起こしたタイトルだ。



■イベントの基本ルール
シュタゲルール01

シュタゲコラボは基本的にスコアイベントになる。
特効キャラを編成に放り込んで周回マップの「スコア」や「リスキー」を回り、レア任務でがっぽりスコアと設計図を稼ぐ感じだ。

■レアEXは2分強と短い
シュタゲルール02

■周回任務
・オペレーション開始(スコア):スコアが多く落ちるがレア任務が出にくい
・オペレーション開始(リスキー):スコアが少なくAPコストも増えるがレア任務が出やすい

■レア任務
・オペレーション開始・レア:設計図は少な目だが6分強と時間が長い
・オペレーション開始・レアEX:設計図は多いが2分強と短く出現率も低い


★5武器の設計図に関してはレア任務でも十分に落ちる。
レアEXだとボーナス6枠&枚数も多いが、いかんせん出現率が低い。

ドロップ倍率キャラが揃っているなら、無理にレアEXを狙うよりもレアをどんどん回った方が効率的だと思う。

■レア任務のドロップ数
シュタゲルール03

■レアEX任務のドロップ数
シュタゲルール04

レア任務は設計図が落ちるボーナス枠が最大6枠までのランダムになる。
少ない時は1~2枠の時も。

レアEXは6枠確定だがそもそも出現率が低いためあまりアテにできない。
なお設計図の数は特効キャラのドロップ倍率に依存する。

■ドロップ倍率はキャラのスキルLVに応じて変わる
シュタゲルール05
シュタゲルール06

設計図は特効キャラのドロップ倍率に依存している。
例えば特効キャラがゼロの状態で周回するとボーナス枠そのものが出てこない。

ドロップ倍率はキャラのスキルLVに依存するため、配布の★4岡部倫太郎はスキルLV5まで急いで鍛えたい。

■スコアの特効倍率
シュタゲルール07
シュタゲルール08

獲得スコアに影響する特効倍率はキャラがいるだけで加算される。
紅莉栖、まゆり、オカリンで合計250%、さらにサポートで紅莉栖等を借りて+100%だ。

ただ、まゆりに関してはイベント後半にならないと登場しない。
イベント前半はサポート込みでも最大で250%にしかならないので気を付けよう。

■配布の★4岡部倫太郎は最優先でスキルLV5まで鍛えよう
シュタゲルール09

■実はオカリン、雑魚殲滅用としてはかなり有能
シュタゲおかりん

配布キャラの岡部倫太郎はASの攻撃範囲が5×5マスとかなり優秀。
イベント終了後も周回やチャレンジ任務で活躍できる。

EXアップグレードで極限まで鍛えたい。

周回はロケランキャラでOK


コラボのストーリーを楽しんだら任務周回の始まりだ。
以前のスコアイベントは★5武器のドロップが目的だったが、今では設計図が大量に落ちるため周回にもかなり余裕がある。

正直、周回やレア任務をクリアできれば編成は何でもいいのだが、一応効率のいい編成も存在する。

■レア・レアEX周回の編成例
シュタゲ周回01

周回用の編成例だが、今回はロケランキャラが2人いれば十分だ。
特効キャラはサブメンバーにでも放り込んでおけばいい。

スコア稼ぎのためにパートナーに紅莉栖等を借りてくるが、基本はロケランだけで攻撃する。

レア任務はロケラン1発、レアEXはロケラン2発で敵を殲滅可能。
ただ、レアEXについては出現率が低いので基本的にレア任務狙いになると思う。

周回マップも同じ編成で戦えるので、オート(スキルなし)設定にすれば問題ない。

■レア任務はロケラン1発でOK
シュタゲ周回02

レア任務は2wave構成になっている。
どちらのwaveも敵は4体だが、ロケラン1発で済んでしまう。

戦闘自体はあっという間に終わるので、むしろロードの待ち時間の方が長く感じることだろう。

■レアEXは少し配置がバラけている
シュタゲ周回03

レアEXは敵の配置が少しだけバラけている。
スキルで殲滅したいところだが、通常攻撃2回の方が短時間で済む。

ただ、たまに借りてきた紅莉栖が先に動くと無駄に時間を浪費するので注意したい。
レアEXは2分強しかないので、効率よく戦っても3-4戦が限度になる。

■レア任務ドロップ倍率0%の場合
シュタゲ周回04

■レア任務ドロップ倍率200%の場合
シュタゲ周回05

設計図のドロップ枚数比較だが、ドロップ倍率0%ははっきり言って論外だ。
最低限★4岡部倫太郎をスキルLV5まで鍛えて、ドロップ倍率200%にしないと設計図集めは厳しい。

ガチャで紅莉栖やまゆりを引けるとなおいいのだが、こればっかりは運なので狙うなら頑張ってほしい。

まとめと考察


凍京ネクロのシュタインズ・ゲートコラボ「残留思念のコンシステンシー」はとても簡単なイベントだ。

まずは頭を空っぽにしてシュタゲのノリを楽しむといいだろう。
凍京ネクロにはシュタゲに登場したアレな装備もちゃんと登場するw

■未来ガジェットのサイリウムセイバーが鈍器で登場w
シュタゲサイリウムセイバー

特効キャラさえ揃えられればスコア稼ぎや設計図集めも簡単。
逆に特効キャラがまったくいないと設計図はほとんど集まらない。

そのため配布キャラの★4岡部倫太郎だけは最優先で確保し、スキルLV5まで急いで鍛えよう。

イベントで設計図が大量に落ちるので、★5火炎放射器の30凸が簡単に作れる。
ただ30凸作成ではペレットも大量に消費するので作る本数には気を付けよう。

イベント後半からは椎名まゆりも登場するため、設計図集めも楽になる。
イベント前半は自然回復分のAPで周回し、クレドラを後半まで温存するのもアリだ。

この記事が凍京ネクロ攻略の参考になれば幸いです。



今こそ楽しむべき不朽の名作、シュタインズ・ゲート!

「めちゃくちゃ面白いアドベンチャーゲームは何か?」と問われたら、私は「シュタインズ・ゲートだ!」と答えるだろう。最初は2009年にXbox360で発売されたが、日本では販売台数がとても少ないXbox360で予想外の大ヒット。「めちゃくちゃ面白い」と口コミで話題になり、PC版、PSP、iOS、Android、PS3、PS4等、どんどん移植が進むといった珍しい現象を起こしたタイトルだ。


私のおすすめするリセマラの当たり(最強)キャラ!【凍京/東京ネクロ】

凍京NECRO(東京ネクロ)はDMMゲームの中では珍しくリセマラがしやすいゲームだ。リセマラが有効なのはスマホの一般版に限られるが、後からPCとのデータ連携もできるのはありがたい。現在リセマラ可能なのはシュタインズゲートコラボの★5牧瀬紅莉栖と日替わり(2日間)スカウトの★5早雲の2人。シュタゲコラボの紅莉栖は鈍器キャラで攻撃範囲が1マスと狭い。だがパッシブは非常に優秀だ。


序盤で差が付く!効率的なキャラ育成と攻略法【凍京/東京ネクロ】

凍京NECRO(東京ネクロ)もオープンからついに2周年が経過した。サービス開始時の阿鼻叫喚も今では懐かしい。スマホ版が登場したことで場所を選ばずにプレイ可能になった事もはありがたい。ゲームの状況もサービス開始当初とはかなり変わってきたため、初心者向けの入門記事を全面改訂することにした。イベント関連の攻略がゲーム初期とかなり変わったので注意したい。




→ 凍京NECRO記事一覧 に戻る



→ ホーム画面 に戻る