AIイラストが無料で作り放題!StableDiffusion webUIの導入と使い方【AIart】

-
webui扉
プロモーション告知

今、ちまたで話題のAIイラスト(AIart)。
絵をまったく描けない人でも簡単に緻密なイラストが作成できるという凄いツール。

今現在だと有料でサービスを提供しているところが多い。
だが、そこそこ高性能なPC環境があれば、無料でAIイラストが作り放題になるから驚きです。

そんな夢のようなツールが「StableDiffusion webUI」。
そこで個人のPC環境でAIイラストが作り放題になる方法を紹介したいと思います。

題して「AIイラストが無料で作り放題!StableDiffusion webUIの導入と使い方」、始まります。


AIイラストとは何ぞや?


まず前提として「AIイラストとは何ぞや?」と感じる人もいると思います。
そのものズバリで、「AIが絵を描いてくれること」を意味している。

■こんな感じの風景だって簡単
風景 (1)

普通ならペイントツールなどを使って自分で絵を描くもの。
だが、AIイラストの場合はツールに「outdoor」や「girl」などの条件(単語)を入れるだけで自動で作成してくれるから驚きです。

■AIイラストの凄い点
・絵を描く技術がまったくいらない
・AIツールに条件を入れるだけで自動生成
・イラストから実写系まで自由自在
・有料・無料のサービスがある
・高性能なPC環境があれば無料で作成可能
・有料サービスならスマホでもOK


■AIイラストのデメリット
・結構出鱈目な絵も作られる
・ローカル環境ではハイスペックPCが必要
・ハイエンドグラフィックボードが必須


とにかくAIが自動でイラストを描いてくれるだけでも凄いのではなかろうか。
実際私も自分の手では「へのへのもへじ」くらいしか描けないから、マジでびびります。

■こんな美少女だって簡単に作ってくれる
美少女01

ただ、有料・無料で提供されているサービスはいくつもあるのですが、無料で試す場合は1日数枚といった感じで作成上限を決められている場合が多い。

どうせやるならAIイラストを完全無料で作り放題のほうが嬉しいはず。
そこでおすすめしたいのがブラウザ上でAIイラストを作成できる「StableDiffusion webUI」なのです。

AIイラストを始める場合の条件


さて、AIイラストに関しては何となくイメージが伝わったのではないでしょうか。
「これなら私も自宅のPCでやってみるか」と思う所ですが、やっぱり条件(ハードル)がありました。

それが「PCとグラフィックボードの性能」に関してです。

■自宅でAIイラストを楽しむための必須環境
・Intel core i5以上は欲しい
・グラフィックボードのVRAM6GM以上
・大容量のHDD(画像の保存場所)


この例は「最低限これくらいのスペックはいるかな」というものです。
当然PCやグラフィックボードの性能は高ければ高いほどいい。

ただ、6年前に作ったゲーミングPCでもStableDiffusionはちゃんと動いてくれています。

■私の使っているPC環境
CPU:Core i5 6500
メモリ:16GB
HDD:4TB
グラフィックボード:GTX1060/6GB

今となっては型落ちのゲーミングPCですが、これでもAIイラストの作成では問題ありません。
重要なのはグラフィックボードのVRAM容量で、最低でも6GB以上は欲しい。

VRAMの容量で生成できる画像の上限サイズが決まります。
高画質な画像を作りたければVRAM12GB以上のハイエンドのグラフィックボードが必須になってくるのです。

■今使っているのはGTX1060
いやな予感

我が家の環境で使っているボードは「GTX1060」。
さすがに1024×1024以上のサイズの画像を作ろうとすると「VRAMが不足しています」とエラーが出るようになります。

また、画像の生成では512✕512の小さなものでも40秒はかかる。
最新のグラフィックボードだとこれが数秒で生成されるとか、羨ましい。

推奨は「RTX3060 12GB以上」のグラフィックボード。
当然、高性能でVRAMは多ければ多いほど良し!

【関連記事:AIイラスト用のゲーミングPC自作記事】
予算15万円!AIイラスト生成用の自作ゲーミングPCを作ろう

予算15万円!AIイラスト生成用の自作ゲーミングPCを作ろう

2023年7月末現在、CPUやSSDといったPCパーツが驚くほど安い。自作PC愛好家の私としても、ゲーミングPCを新調するならこのタイミングしかないだろう(今でしょ!)。そこで前段階として、予算15万円台でゲーミングPCを自作してみることにした


StableDiffusion webUIのインストール(導入)方法


以前は導入が少し大変だった「StableDiffusion webUI」ですが、最近ではオートで利用可能な環境を構築してくれます。

手順も「StableDiffusion webUI」のページからZIPファイルをダウンロードして、解凍後に実行バッチをクリックするだけ。

■StableDiffusion webUIのインストール手順
1:StableDiffusion webUIのページからZIPファイルをダウンロード
2:任意のフォルダで解凍
3:「run.bat」を実行
4:インストールが成功したら「http://127.0.0.1:xxxx」の部分をChrome(ブラウザ)に入力(ショートカット登録すると以後が楽)
5:webで「StableDiffusion webUI」が楽しめる
6:次回からの起動は「run.bat」を起動した後にchromeを動かしましょう

【RuntimeError: Cannot add middleware after an application has startedで起動しない場合】
7:「update.bat」を実行
8:アップデート完了後に再度「run.bat」を実行
9:我が家の環境ではこれで稼働しました


■「StableDiffusion webUI」のダウンロードはこちら
Release v1.0.0-pre · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui

Release v1.0.0-pre · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui

The webui.zip is a binary distribution for people who can't install python and git.
Everything is included - just double click run.bat to launch.
No requirements apart from Windows 10. NVIDIA only....



StableDiffusion webUIのZIPファイルはここで入手できます。
「sd.webui.zip」をダウンロードしましょう。

■ZIPファイルを任意のフォルダで解凍
webuiインストール01
webuiインストール02

「sd.webui.zip」を入手したら任意のフォルダで解凍しましょう。
StableDiffusion webUIは画像を大量に作るので専用の作業ドライブを作ることをおすすめします。

■「run.bat」を実行
webuiインストール03

「run.bat」を実行すると環境構築(インストール)が始まります。
この作業は数分かかることもあるので慌てず待ちましょう。

途中でランタイムエラーが出て止まった場合は「update.bat」を実行してアップデートを行い、再度「run.bat」を実行してみてください。

■インストールが完了したら「http://~」の部分をchromeにコピー
webuiインストール04

ちょっと画像では見づらいですが、黄色線で囲ったところにURLが表示されています。
このURLをブラウザ(Chrome)にコピーするとwebUIが使えるようになります。

■web上でStableDiffusion webUIが利用可能に
webuiインストール05

StableDiffusion webUIのインストールはとにかく簡単です。
ただし、このツールはアップデートが頻繁に行われているため「run.bat」を実行してもエラーが出て動かない場合があります。

可能性が高いのは「更新ファイル不足」なので、動かなかった場合はデータのアップデートを試してみてください。

■「update.bat」を実行
webuiインストール08

エラーメッセージが「RuntimeError: Cannot add middleware after an application has started」の場合は「update.bat」を実行してみましょう。

【インストール時の注意事項】
StableDiffusion webUIは頻繁にアップデートが繰り返されるため、「run.bat」を実行してもエラーが発生して正常に起動しない場合があります。

「RuntimeError: Cannot add middleware after an application has started」

対策として「update.bat」を実行し、不足ファイルを組み込んだ上で再度「run.bat」を実行しましょう。
「RuntimeError」の場合はこれで動いてくれると思います。
実際、我が家の環境でも「RuntimeError」で止まりましたが、アップデート後は無事StableDiffusion webUIの起動に成功しています。


StableDiffusion webUIの日本語化


StableDiffusion webUIはデフォルト(初期)の状態だとUIが英語表記になっています。
このままだと使い勝手が悪いのでUIを日本語表記にするのがおすすめ。

日本語化の手順は次の通りです。

■StableDiffusion webUIの日本語化手順
1:「Extensions」タブを選択→「Available」タブの「localization」のチェックを外す
2:「Load from」(オレンジ色のボタン)を押す
3:一覧の中から「ja_JP Localization」を探してインストール
4:「Settings」タブを開いて、左側から「User interface」を選択
5:「Localization (requires restart)」の項目で「ja_JP」を選択
6:ページ上に戻り「Apply settings」を押して内容を保存
7:隣にある「Reload UI」でUIを再読み込み
8:UIの日本語化完了


■「localization」のチェックを外す
日本語化01

StableDiffusion webUIの日本語化はちょっと作業手順が多い。
まず最初に「Extensions」タブを開いて、「Available」タブ内の「localization」のチェックを外す必要があります。

■「Load from」を押す
日本語化02

次に「Load from」(オレンジのボタン)を押すとインストール可能なリストが表示される(かなり多い)。

■「ja_JP Localization」をインストール
日本語化03

リストの下の方に日本語化に必要な「ja_JP Localization」があるので、これをインストールします。

■「Settings」で「User interface」を選択
日本語化04
日本語化05

続けて「Settings」タブを開き、左のリストから「User interface」を選択。
「Localization (requires restart)」の項目を探し、「ja_JP」を選択。

■「Apply settings」を押したら「Reload UI」で再読み込み
日本語化06

次にページの上に戻って、「Apply settings」を押して設定を保存。
隣にある「Reload UI」を押してUIの再読み込みを実行します。

■UIの日本語化完了
日本語化07

UIの日本語化に成功するとStableDiffusion webUIの各種項目が日本語になり、グッと使いやすくなります。
英語表記のままだとイマイチ理解できなかった機能も、これで間違える心配が減るので助かります。

モデルのダウンロードとセットアップ


StableDiffusion webUIは現状のままでも利用できますが、「魅力的なイラストが作れるか?」というとまだまだ不十分です。
StableDiffusion webUIでイラストを生成する場合、実写風やイラスト風など画像の特徴に合わせた画像モデルが必要になります。

また、画像モデルに合わせて「VAEファイル」が用意されている場合もあるので、モデルとVAEはワンセットと思っておくといいでしょう。

■画像作成に必要なモノ
・任意のモデルファイル
・対応したVAEファイル


画像の作成に使うモデルファイルの種類はたくさんある。
最初のうちはよく利用されている「anything系」のモデルがおすすめです。

ちなみにモデルファイルは数GBとファイルサイズがとにかく巨大。
使用しているグラフィックボードのVRAM容量が少ない場合はファイルサイズの小さいバージョンの導入をおすすめします。

■入手したいモデルファイルとVAE
・anything-v3.0(2GB、4GB、7GBのバージョンあり)
・Anything-V3.0.vae.pt


私の使用しているグラフィックボードはVRAMが6GBしかないため、anything-v3.0も一番容量の少ない「anything-v3-fp16-pruned.safetensors」を利用しています。
自分のPC環境に合わせて任意のサイズを選んでください。

■anything-v3.0のダウンロードはこちら
Linaqruf/anything-v3.0 at main

Linaqruf/anything-v3.0 at main



■Anything-V3.0.vae.ptのダウンロードはこちら
Anything-V3.0.vae.pt · Linaqruf/anything-v3.0 at refs/pr/11

Anything-V3.0.vae.pt · Linaqruf/anything-v3.0 at refs/pr/11



次にダウンロードしてきたモデルとVAEをStableDiffusion web UIのフォルダに移動させます。

【モデルファイルの移動場所】
webui\models\Stable-diffusion

【VAEファイルの移動場所】
webui\models\VAE


それぞれのファイルを所定のフォルダに移動したら準備完了。
これでかわいいイラストの生成が可能になります。

StableDiffusion webUIの使い方/実際にAIイラストを作ってみる


さて、これでAIイラストを作る準備が整いましたが、ここでもうひと手間。
導入したモデルやVAEが適用されているかの確認が必要です。

■モデルはメイン画面で確認と変更可能
webuiの使い方01

モデルはメイン画面の一番上で確認と変更が可能です。
使うモデルが増えてきたら、生成する画像の特徴に合わせて切り替えるといいでしょう。

■VAEは設定で変更
webuiの使い方02

VAEは設定の中の「Stable Diffusion」で変更が可能。
ここでモデルに対応したVAEを選択すると画像のクオリティが上がります。

設定変更後は「設定を適用」を押してちゃんと反映させましょう。

■基本は「txt2img」を利用
webuiの使い方03

さて、準備が整ったら実際にAIイラストを作ってみましょう。
AIイラストの作成では「txt2img」を使います。

プロンプト(テキスト入力用の空欄)に「a girl」などの単語を入力すると、AIイラストが作成される仕組み。

プロンプト(呪文)は長いほど(条件が細かいほど)クオリティの高い画像の作成が可能になりますが、始めは簡単な単語で試すのがいいでしょう。

■プロンプトに「a girl」と入れてみる
webuiの使い方04

まず最初はプロンプトに「a girl」と入れてみましょう。
入力は英単語で行います。

たったこれだけでStableDiffusion webUIはかわいい女の子を生成してくれます。
私のPC環境だと約40秒で完成です。

■こんな感じのイラストが簡単にできる
webuiの使い方05
webuiの使い方05-2

とにかく驚きなのは、「girl」と入れるだけで何種類もイラストを作り出してくれる点。
まだ他の条件指定は行っていないので、AIが勝手に判断していろいろな種類の絵を作り出してくれます。

■風景や乗り物なんかも自由自在
webuiの使い方06 (1)

女の子以外にも「outdoor」(屋外)や「school」(学校)など思いついた単語を入れてみると面白いです。
この時、少女まで自動生成されることが多いのも特徴かも。

■複数の単語を組み合わせてみる
webuiの使い方07

複数の単語を入れる場合は「a girl,outdoor,running」みたいな感じで「,」(カンマ)で単語を区切りましょう。
最初のうちは思いついた単語をカンマでどんどん継ぎ足していくだけでもいろいろなイラストを作成してくれます。

【関連記事:ChatGPTにプロンプト作成を丸投げしよう】
プロンプトの呪文をChatGPTに丸投げして簡単AIイラスト作成【StableDiffusion webUI】

プロンプトの呪文をChatGPTに丸投げして簡単AIイラスト作成【StableDiffusion webUI】

StableDiffusion webUIを使うと簡単にAIイラストが作成できます。これは事実なのですが、じゃぁ「魅力的なイラストが作れるか?」となると、これが意外と難しい。理由は簡単でAIイラストを作成するためのプロンプト(呪文)が英語のため、自分が思い描いたイメージをうまく言語化できないためです


自分だけの美少女を作り込もう


StableDiffusion webUIの基本が分かったら、いよいよ本番。
「めっちゃかわいい美少女」の作成に挑戦です。

■こんな感じの美少女を作りたくないですか?
webui美少女01

プロンプトに「a girl」と入れれば少女を作成してくれますが、これではまったく不十分。
AIイラストはもっと高みを目指すことが可能なのです。

■究極の美少女を作るには?
・プロンプトの条件をもっと細かく指定する
・ネガティブプロンプトを活用
・イラストの特徴に合ったモデルを利用
・とにかく試行錯誤を繰り返す


例えばですが、自分のイメージの中に「こんな美少女が作りたい」というものはありませんか?
メイドさん、女学生、浴衣、水着、人気アニメキャラ風、XXXなど、私には作ってみたいイラストイメージが山ほどあります。

同じ少女を作る場合でも、プロンプトに細かく条件を指定することでめっちゃクオリティの高い画像を作ることが可能になるのです。

■画像のクオリティの上げ方
・StableDiffusion webUIは前の命令が優先される
・命令(呪文)の構成は「クオリティ関連」→「主体」→「状態/背景」の順に入力すると破綻が少ない
・「主体」は髪の色や目の色、表情、服装、ポーズなど細かく指定可能
・条件入力が整ったらとにかく作成を繰り返す


まずStableDiffusion webUIの大前提として「先の命令が優先される」ということを覚えておきましょう。

簡単に言うと、後から付け足した命令ほどスルーされやすくなります。
それを踏まえて、プロンプトに命令文を入れる時はあらかじめ構成を考えておくと失敗が少なくなります。

■プロンプトの構成の考え方
・プロンプトは「クオリティ関連」「主体(キャラ)」「状態や背景」の順に入力していくと破綻(失敗)が少ない
・「クオリティ関連」は「masterpiece」「best quality」「super fine illustration」といった画質向上の呪文(命令文)、これを複数記入
・「主体」は生成したいキャラに関してで「a girl」以外に「15 years old」「silver heir」「red eyes」「sailor uniform」など細かく指定可能
・「状態や背景」では「sunset」「outdoor」「beach」といった風景や状況を設定
・入力は単語を「,」(カンマ)で区切ってつなげていけばOK


この中でも「クオリティ関連」の威力は絶大で、例えば「a girl」だけでも何も設定していないのとクオリティ文を入れるのとでは完成した画像に大きな差ができます。

初心者が覚えておくと便利な命令(呪文)もいくつか紹介しましょう。

【クオリティ関連でおすすめの画質向上系命令】
masterpiece
best quality
ultra-detailed
super fine illustration
super detailed skin
extremely detailed CG


【主体(キャラ)関連でよく使う単語】
a girl/1 girl(複数なら2girl~4girl、男性ならboy)
○○hair(silver hair(色)やlong hair(髪型)など)
○○eyes(red eyesやblue eyesなど)
open mouth/closed mouth
smile/laugh/angry/blush(表情関連)
〇 years old/teenage/old(年齢関連)
huge breasts/small breasts(おっ〇い)
slender/fat/petite(体形など)
shiny skin/gleaming skin/bikini tan(肌の状態、日焼けなど)
school uniform/suit/maid(服装関連)
looking at viewer(カメラ目線)
looking ~(looking downやlooking backなど)
open stance/all fours(仁王立ちや四つん這いなどポーズ関連)
animated painting/game cg(塗りのタッチ)
in ○○○○ style(有名な作品や作家などの画風を真似る)
type moon/granblue fantasyなど〇〇に作風を当てはめる
ダイレクトにキャラ名(超有名キャラならこれだけで結構生成してくれる)


【背景や情景】
simple background(単色背景、black backgroundなら黒塗り背景になる)
outdoor
classroom
beach
on the train
背景に関しては無数にあるので自分が思い描くものを翻訳していろいろ試してみてください


ここで紹介している命令(呪文)はほんのごく一部にすぎません。
例えば髪型関連だけでも何十種類もあるので、操作に慣れてきたらいろいろな呪文を探してみてください。

StableDiffusion webUIに慣れつつ自分だけの美少女を作り出すためにも、効果的なプロンプトの作成は避けて通れません。
「キレイだなぁ~」と思うAIイラストを見つけたらそのプロンプトがないか調べてみるのもいいでしょう。

続けてイラストのクオリティを上げるもう一つの必須作業が「ネガティブプロンプト」の設定です。

■下のボックスが「ネガティブプロンプト」
webui美少女02

ネガティブプロンプトはいわゆる「禁止事項」を定義する場になります。
StableDiffusion webUIにも結構弱点があり、失敗イラストを減らすために利用するのがネガティブプロンプトなのです。

始めのうちは「入れておくと失敗イラストが減ってクオリティが上がる」お呪いと思って入れておくといいでしょう。

【ネガティブプロンプトにおすすめの呪文】
flat color
flat shading
bad hands(手の作画ミス)
4fingers and 1thumbs(指の数を正確にする)
extra digit(指の増殖防止)
worst quality/low quality/normal quality/lowres(低品質排除)
text/signature(文字などの出力防止)
nsfw(すっ〇んぽん防止)


この他にも該当する呪文はたくさんありますが、お約束としてこれらを入れておくと失敗が減って結果クオリティが上がります。

StableDiffusion webUIで多いのが「指が6本」や「腕や足が3本」といった破綻系の失敗。
他にも服を着てなかったり、首が変な方向を向いていたりと、「マジか?」と思うような画像もよく作られます。

プロンプトに細かく条件を指定するだけでなく、ネガティブプロンプトに禁止事項を記入することで失敗を回避しましょう。
これで単に「a girl」などとするよりもはるかにクオリティの高いイラストが生成される可能性が上がります。

■実際に試してみよう
【クオリティ】
masterpiece, best quality, super fine illustration,
【主体】
a girl,15 years old,silver hair,twin tail,small breasts,slender,maid
【背景】
indoors,coffee shop
【ネガティブプロンプト】
flat color,flat shading,bad hands,4fingers and 1thumbs,extra digit,worst quality,low quality,nsfw


この条件をStableDiffusion webUIに入力して生成した画像がこちらになります。
最初の「a girl」だけだった時よりも格段にイラストのクオリティが向上していることが分かります。

■メイドさん完成~
webui美少女03
webui美少女03-2

生成されるイラストのタッチは「サンプリング方法」を変更することで簡単に変えられます。
デフォルトだと「Euler a」ですが、いろいろなタイプを試して好みのタッチを探しましょう。

■試行回数を増やして最高の1枚を!
webui美少女04 (1)

さて、StableDiffusion webUIでのAIイラスト作成ですが、1-2回では期待していた画像はなかなかできません。
そこで重要なのが「試行回数」を増やすこと。

とにかくガンガン画像を作りまくって最高の1枚を引き当てる「AIガチャ」の始まりですw
最高の1枚を掘り当てるために、数十~数百回は生成を繰り返すことになるのが「AIイラスト」なのです。

■ロボやどこかで見たことのあるキャラだって作れます
webui美少女05 (2)

StableDiffusion webUIの操作に慣れればガン〇ムみたいなロボットやゲームキャラによく似た感じの女の子だって作成可能。
自分のイメージをガンガン具現化してAIイラストを堪能しましょう。


【関連記事:プロンプト作成が難しいとお悩みなら】
StableDiffusion webUIを触れば分かりますが、プロンプト作成はやっぱり難しい。
特に背景やシチュエーションなんかは頭の中でイメージ出来てもそれを的確な単語や語彙に落とし込むのに難儀します。

そうした時におすすめなのが「ChatGPT」を代表する対話型AI。
思い浮かんだイメージをそのまま投げかけて、プロンプトを作ってもらうのです。

実際にChatGPTでプロンプト作成を試した記事があるのでぜひ参考にどうぞ。
下記のリンクから記事へ飛べます。

>> StableDiffusion webUIのプロンプトをChatGPTで簡単作成 →


StableDiffusion webUIの問題点


最後にStableDiffusion webUIを使う上で気になった「問題点」について。

【StableDiffusion webUIの問題点】
・高性能なグラフィックボードが必要
・HDDの空き容量を凄まじく圧迫する


StableDiffusion webUIでAIイラストを作るには高性能なグラフィックボードが必要です。
特にグラフィックボードのVRAM容量が重要で、最低4GB(できれば6GB)はないとまともに画像が作れません。

VRAM容量は生成する画像のサイズ限界に影響します(VRAM容量が少ないと小さい画像しか作れないなど)。

また、グラフィックボードの性能は画像の生成速度にも影響します。
私が使用しているGeforce GTX 1060/6GBだと512✕512サイズの画像生成でも1枚30秒近くかかります。

■やっぱりRTX3060クラスが欲しい~
webuiの問題点02

これが最近安くなってきたRTX3060/12GBでも512×512サイズならわずか数秒、最高レベルのRTX4090ならほぼ一瞬で作成可能だから驚き。

当然、作る画像のサイズが大きくなればもっと時間が必要です。
画像を山ほど作成するAIイラストを本気でやりたいなら、より高性能なグラフィックボード(特にVRAM容量)が必須になるわけです。

■高性能グラフィックボードの問題点
・グラフィックボードのVRAM容量が生成画像のサイズに影響
・グラフィックボードの性能は生成速度に影響大
・高性能なボードはめちゃくちゃ高い
・コスパ重視か性能重視かは懐具合と応相談
・GTX1060/6GBクラスでも一応「動く」が遅い


すでに高性能なグラフィックボードを使っている人は問題ありませんが、ギリギリ動くレベルの場合は本気でやるならボードの交換も視野にいれるといいでしょう。
今だとRTX3060/12GBクラスでもAmazonやPCショップで5万円前後で入手できます(去年は8万くらいまで高騰していました)。

とはいえ、実際GTX1060とRTX3060でどのくらい生成速度に差があるかはピンとこないと思います。
丁度GTX1060とRTX3060の性能比較記事を作ったので、興味があれば参考にしてください。

下記の関連記事のリンクから詳細記事へ飛べます。

【関連記事:GTX1060とRTX3060の生成時間を比較】
予算5万円!AIイラスト生成用グラボの失敗しない選び方

予算5万円!AIイラスト生成用グラボの失敗しない選び方

Stable Diffusion webUIのような画像生成AI使うと、超きれいなAIイラストが無限に作れます。一見するとウハウハのような状況ですが、ここにちょっとした落とし穴が。それがAIイラストの「生成時間」です。そこで生成時間を短縮するためにおすすめのコスパのいいグラボを探してみましょう。



もう一つの問題が生成した画像の保存場所です。
StableDiffusion webUIを使うとすぐに分かると思いますが、とにかく山ほどイラストが作られます。

うっかりシステムドライブ(Cドライブ)で作成してしまうと、すぐに空き容量がなくなる事態に。
1日で数百~数千枚作ることもよくあるので、専用の保存用HDDなどを用意することをおすすめします。

私も保存用に4TBのHDDを使っていますが、凄い勢いで空き容量が減ってきています(マジやばい)。
今だと外付け4TBのHDDでも1万円前後で購入可能なので、画像保存用に1台は用意しておくといいでしょう。

■画像の保存場所の問題
・AIイラストはとにかく山ほど画像が作られる
・HDDの空き容量を凄い勢いで圧迫
・専用の外付けHDDを用意して画像を逃がすのがおすすめ
・今なら外付け4TBでも1万円前後で購入可能


【PR】1万円前後で購入可能な外付けHDD
6/10現在amazon最安値9,143円(税込)

まとめと考察


StableDiffusion webUIはイラストの知識がなくても、命令(呪文)を入力するだけでクオリティの高いイラストを生成してくれる夢のツール。

単純な画像なら1-2単語でも作れるから驚きです。
ローカルのPC環境は必要ですが、ツールのインストールもかなり簡単で大量のイラストを無料で作れるのは魅力的。

使い方に慣れてくればより精緻なイラストも作れるようになります。
問題はイラストを作り過ぎてHDDをめちゃくちゃ圧迫することでしょうw

StableDiffusion webUIを使ったことがない初心者でも、導入から簡単なイラスト作成まで、一通りの操作が分かるようになると思います。

AIイラスト作成はまだまだ奥が深い。
この記事がAIイラストに興味を持つきっかけになれば幸いです。


【関連記事:AIイラスト用のゲーミングPC自作記事】
予算15万円!AIイラスト生成用の自作ゲーミングPCを作ろう

予算15万円!AIイラスト生成用の自作ゲーミングPCを作ろう

2023年7月末現在、CPUやSSDといったPCパーツが驚くほど安い。自作PC愛好家の私としても、ゲーミングPCを新調するならこのタイミングしかないだろう(今でしょ!)。そこで前段階として、予算15万円台でゲーミングPCを自作してみることにした


【関連記事:AIイラストコスパ最強のグラボの選び方】
予算5万円!AIイラスト生成用グラボの失敗しない選び方

予算5万円!AIイラスト生成用グラボの失敗しない選び方

Stable Diffusion webUIのような画像生成AI使うと、超きれいなAIイラストが無限に作れます。一見するとウハウハのような状況ですが、ここにちょっとした落とし穴が。それがAIイラストの「生成時間」です。そこで生成時間を短縮するためにおすすめのコスパのいいグラボを探してみましょう。


【関連記事:ChatGPTにプロンプト作成を丸投げしよう】
プロンプトの呪文をChatGPTに丸投げして簡単AIイラスト作成【StableDiffusion webUI】

プロンプトの呪文をChatGPTに丸投げして簡単AIイラスト作成【StableDiffusion webUI】

StableDiffusion webUIを使うと簡単にAIイラストが作成できます。これは事実なのですが、じゃぁ「魅力的なイラストが作れるか?」となると、これが意外と難しい。理由は簡単でAIイラストを作成するためのプロンプト(呪文)が英語のため、自分が思い描いたイメージをうまく言語化できないためです


【やらなきゃ損!マジでおすすめのMMORPG15選】
今から始めるならこの15作!PC版おすすめMMORPG

今から始めるならこの15作!PC版おすすめMMORPG

スマホゲームは楽しいものの、画面が小さい点はとても残念。どうせやるなら大画面でおもいっきりゲームを楽しみたい。そうした時に自由度の高いMMORPG(やオンラインゲーム)がふとやりたくなったりするものです。そこでゲーム大好きな私の独断で、自由度の高いおすすめのオンラインゲームを選んでみました


【マッチングの9割は写真で決まる】
マッチングアプリで失敗しない!出会いの9割は写真で決まる

マッチングアプリで失敗しない!出会いの9割は写真で決まる

マッチングアプリは出会いや恋愛のツールとしてすっかり定着した感じがあります。利用者も20代から60代までと幅広く、登録者数は累計で数千万人にも上るとか。このマッチングアプリで失敗しない秘訣が「写真」です。マッチングアプリを楽しむためにも「いいね」を貰いやすい写真について知りましょう




→ TOPページ に戻る


↓「拍手」が頂けると励みになります↓